2001年4月9日

報道関係者 各位

教育機関向け無料ISP運営受託サービス「マイカム」の提供開始について
〜第一弾として、日本大学理工学部より情報教育インフラ構築の支援を目的とした無料ISP運営受託を開始〜

株式会社フリービット・ドットコム(東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者石田宏樹、資本金8億1,240万円、 以下FBDC)は、教育機関を対象とした無料ISP運営受託サービス「マイカム」(My Campus)サービスを開始いたしました。教育機関はこのサービスを採用することで、大学ブランドの無料インターネットサービスの提供が可能となります。

日本大学理工学部(東京都千代田区、学部長:小嶋勝衛、以下日大理工)は、当サービスのファーストユーザーとして、本年4月2日より「マイカム for 日大理工」のサービスを開始いたしました。

【マイカムに関して】

FBDCでは、従来よりISP運営に必要な技術・運用・システム等を9つのビルディング・ブロックとして、カスタマイズを行って販売しています。具体的に、パートナー企業と共同で接続サービスを運営する「OpenBit.Net」サービスと、インターネット戦略の立案からコンサルティングを行い、徹底したカスタマイズを行なって相手先ブランドで接続サービスを提供する「ブランディング」サービスを中心に、顧客をもった企業に対してビジネスを展開してます。
この度リリースした「マイカム」サービスは、「OpenBit.Net」の教育機関向けのサービスとなります。
カスタマイズ内容を制限し、ライセンス費用を含む初期コストを従来のライセンス料よりも低価格で抑えられることが特徴となっています。教育機関は「マイカム」サービスを導入することで、低価格かつ短期間でその生徒に対して無料インターネット接続環境の提供を行なえます。

本サービスを導入することで、教育機関は学生と教職員の間で、インターネットを活用した円滑な相互関係を築くことが出来るようになるため、レポートの提出や各種届出のオンライン処理をスムーズに行なえるようになります。

さらに、教育機関は『教室変更情報』や『学生イベント情報』などの最新の教務情報の連絡を校内の掲示板に掲載することで提供していましたが、「マイカム」サービスを導入することによって、リアルタイムな情報を学生に対してダイレクトに提供できます。それにより、学生は自宅からでも教育機関からの確実な情報を取得できるようになります。

日本大学理工学部との提携

日本大学理工学部は、かねてより学生のインターネット活用及び本学部のインターネット環境の整備に積極的に取り組みその普及を推進していました。FBDCは、本学部が掲げる「双方向の情報教育の構築」の一環として、そのバックアップのために本学部と提携いたしました。また、FBDCでは「マイカム for 日大理工」サービスを、本学部が提案する「大学の情報の利用方法」や「インターネット及びコンピュータのリテラシーの確立」にも貢献できるようにサービスを構築しております。

日大理工では、「マイカム for 日大理工」サービスを学生が本大学以外の場所からインターネット利用する際の外部ツールとして推奨し、FBDCでは、今後日大理工がインターネットを利用して円滑に情報教育ができるように、高品質なインフラを構築してまいります。

BitBasket for 日大理工

「マイカム for 日大理工」の利用者は、初めての方でも簡単にインターネット環境に馴染めるように設計された「BitBasket for 日大理工」を利用することになります。「BitBasket for 日大理工」では、本学部生向けに提供する学校の様々な情報をインターネットに接続した後すぐに閲覧できるだけでなく、インターネットに必要な汎用ソフトウェアとしての機能を備えております。

○BitBasket for 日大理工のイメージ画像
http://www.freebit.com/press/dl/20010409_image.html

「BitBasket for 日大理工」を利用した基本的なサービス一覧
1. 学生を支援するための情報にダイレクトにアクセス

本ソフトウェアを起動後、自動的に日本大学理工学部の「教室変更情報」や「学生イベント情報」といった学生生活を支援する情報が表示されます。さらに、「学部のスケジュール」や「就職情報ページ」にもダイレクトにアクセス可能です。

2. 入会手続き
「マイカム for 日大理工」のインストール完了後、「入会手続き」画面が起動し、簡単なアンケートに答えていくだけで入会手続きが完了します。

3. 必要なソフトを自動的に設定
入会手続きと同時に、面倒な初期設定も自動的に設定が完了しますので、初心者の方でも簡単にインターネットを活用できます。

4. 簡単なインターネット接続
ダイヤルアップ接続機能が組み込まれており、「BitBasket for 日大理工」の起動と同時にボタン操作だけで簡単にアクセスできます。また、最新のアクセスポイント情報も自動的に取得できます。

5. 電子メール機能
本ソフトウェアには、基本的な機能を全て備えた電子メールソフトを搭載しています。入会手続き後、面倒な初期設定も必要とせず、すぐに電子メールをご利用いただけます。

6. Webブラウザの閲覧と便利なコンテンツが簡単に起動
多種多様なコンテンツを集結させたポータル「ClubBits」も、本ソフトウェアの起動と同時に表示されます。初心者の方には、「マイカム」が厳選した様々な情報を閲覧していただけますし、インターネットに慣れた方には、様々なホームページを自由に閲覧することも可能です。

マイカム for 日大理工のサービス詳細

【サービス対象者】日本大学理工学部ならび短期大学部・大学院に在籍の学生及び関係教職員
【サービス開始】2001年4月2日
【利用料金】
初期登録費用: 0円
月額基本料金: 0円
通信料金(従量制): 同一MA区域の場合、10円/3分
【サービス】
PPP接続アナログ〜56kbps、 ISDN64kbps/128kbps
メールアドレス付:(2MB、60日間保存) 専用ソフトウェア:「BitBasket for 日大理工」
WebMail:「SmartMail for 日大理工」(Webブラウザや携帯端末からのメール閲覧機能)
(Webブラウザや携帯端末からのメール閲覧機能)
*[詳細] モード、J-Sky、EZweb、Dreamcast(Dream Passport)、WebTV
、PetitWeb、Palm(Palmscape2.0以上)
【接続ソフトウェアの入手方法】
・専用ソフトをWebからダウンロード
・理工学部情報教育研究センター事務室にてCD-ROMを入手
【アクセスポイント】
全国64都道府県122都市
※2001年春までに164都市設置予定
【関連資料】
日本大学理工学部http://www.cst.nihon-u.ac.jp/
【問合せ先】
マイカム カスタマーセンター
TEL:03-5458-8520
[月〜金:11:00AM〜7:00PM土:11:00AM〜5:00PM、日祭日休]
E-mail:care@cst.mycam.ne.jp

■ビルディングブロックについて
ビジネス・ビルディングブロック
FBDCは、自社が有するサービス資産を9つのビルディングブロックとして集約しており、各企業とって必要となるノウハウやサービス、各種ソフトウェア・プロダクトを自由に組み合わせて提供します。それにより、各パートナー企業はネットワーク化するに際して、容易に最高のソリューションを提供できるようになります。

[ ビルディングブロック詳細 ]
● ネットワーク・ブロック
ユーザが使用した電話料金を原資に無理のない無料化を行っているため、広告収入に依存した無料化と比較して、景気動向等に左右されることもなく、堅実な事業展開が可能。また、定額制IP接続の提供開始し、ブロードバンドへの対応商品も開発済みである。

● サーバ・ブロック
リモートメール・サービス、高速チャットサービス、ページャー、Newsサービス、オンラインブックマークサービスに必要な各種サーバを取り揃えている。弊社では、それぞれのサーバを、プロフェッショナルなスタッフが24時間365日の徹底的な監視のもと、完全に安定した運用を行っている。

● ソフトウェア・ブロック
これまでインターネットを利用する機会がなかった全く新しい初心者層を強く意識して制作されたソフトウェア。従来の無料ISPの接続ソフトが単純に広告のみを露出させることを目的としていたのに対し、使い易いアプリケーションの提供までを行うことで、より広いユーザ層を獲得できる。本ソフトウェアは、パートナー企業毎に最適化されているため、会員がインターネット接続する度に、企業が提供するコンテンツを確認し、各種サービスの利用をクリック操作だけで簡単に利用することが可能である。また、本ソフトウェアはパソコンだけでなく、様々な端末にも搭載できるように開発しており、ユーザは一番利用しやすい端末からインターネットに接続できる。

● ポータル・ブロック
ポータル・ブロックでは、各機能(リモートメール・サービス、高速チャットサービス、ページャー、Newsサービス、オンラインブックマークサービス)が、数千万人をサポートする高いスケーラビリティをもち、表示インターフェースは高いカスタマイズ性を備えている。
主な特徴は、表示インターフェースとサーバエンジンを完全に切り離した設計で、表示インターフェースを追加するだけで、すぐに各機能からのアクセスが可能になる。新しい接続機器が登場した場合も、この”切り離し設計”により、迅速な接続サポートが可能となる。さらに、画面イメージもパートナー毎に自由に設定することが可能。
また、リモートメール・サービスに関しては、Webブラウザ、i-Mode、J-Sky、EzWeb、Dream Cast(Dream Passport)、WebTV、PetieWeb、Palm(PalmScape2.x)からの接続を全てサポートしている唯一の企業である。

● コンテンツ・ブロック
ニュース・天気予報・リンク集等、ISPを立ち上げるにあたって必要と考えられるコンテンツを提供し、パートナー企業の方々には、差別化の出来る自社コンテンツにのみ傾注できる環境を提供。

● サポート・ブロック
パートナー企業は、入会から日常の使用上での質問まで、ユーザからの質問に対して、きめ細かい対応を行うコールセンターを必要回線数単位で開設可能。お客様に対して接する際には、マネージャー層の厳しいチェックも入る為、迅速で確実で安心したサポート体制を築き上げている。

● マーケティング・ブロック
ネットワーク上の動向情報をベースに、ユーザの嗜好情報のトレンド等を調査し、パートナー企業様の戦略立案などに役立てていただくマーケティングサービスの提供。無制限ライセンスのOracleデータベースをバックエンドに配置した巨大マーケティングシステム「BitAgent(特許出願中技術)」によりユーザの嗜好情報の追尾が可能。

● コンサルティング・ブロック
2年連続、インターネット専門雑誌において顧客満足度No.1インターネットプロバイダを立ち上げたスタッフによるコンサルティング。サービスからマーケティング、プロモーション、テクニカルまで幅広い分野において、長期的なビジョンを元にしたインターネット戦略の提案を行う。

● ビリング・ブロック
FBDCの技術力を結集させて完成させた課金システム。インターネットサービス料金から電話料金、コンテンツ課金まで、クレジットカードによるユーザへの請求・決済業務を行う。
日本において第二種電気通信事業者が、課金システムまでを開発して電話料金を回収したのは、同社が初めてである。

  • 【報道関係者からのお問い合わせ先】
    株式会社フリービット・ドットコム広報担当
    電話:03-5459-0522E-mail:press@FreeBit.Net

以上

トップに戻る