2001年8月20日

報道関係者 各位

無料ISPサービス(OpenBit.Net)のサービス拡張について
〜常時接続への対応と、提供エリアの拡張・電話料金の値下げ〜

FreeISP’s ISP (無料インターネット接続サービスのための総合インフラ企業) の株式会社フリービット・ドットコム(東京都渋谷区、代表取締役最高経営責任者石田宏樹、資本金8億3,990万円、http://www.freebit.com/、 以下FBDC)は、9月より、パートナー企業に提供するOEM型のネットワークサービス(OpenBit.Netサービス/ブランディングサービス)を大幅に拡張いたします。

今回のサービス拡張は、以下の4つからなります。

■全MA市内電話料金での接続をサポート
日本全国どこからでも8.5円/3分でのインターネットへの接続が可能になりました。
■常時接続サービスへの対応
フレッツ・ISDN/フレッツ・ADSLへ対応
■モバイル接続への対応

PHS回線からの接続に対応/専用接続ソフト以外での接続に対応へ
■専用接続ソフト「BitBasket2.0」へのバージョンアップ
メール機能の改善/ブラウザ機能の改善/動作速度の向上

これにより、FBDCのネットワークを利用して無料インターネット接続サービスを行なう企業は、顧客のより多くのニーズに応え、そのロイヤリティの向上を実現することが可能になります。

全MA市内電話料金での接続をサポート

FBDCは、全国に広がる顧客を持った大手企業の顧客の期待に応えるため、アクセスポイントの増設を進めていましたが、この度その計画が完了し、全国どこからでも、電話代8.5円/3分だけでインターネット接続が可能となる「日本最大の無料インターネット接続網」を完成させました。

この結果、FBDCは、大手通信事業者以外で初の電話通信料込みの全国一律料金でインターネット接続を提供するインターネット接続事業者となり、その提供価格では、大幅にそれらキャリアを下回ることになります。

※大手キャリアが10円/分に対して、FBDCは8.5円/3分と3分換算時で72%も下回ることになります。

常時接続サービス
FBDCは、拡大する常時接続のニーズに応えるため、日本最大の常時接続サービスであるフレッツ・ISDNサービスおよびフレッツ・ADSLサービスへの対応を9月以降開始します。
これは、昨年末から始めた無料インターネット接続サービスによって、初めてインターネットを使うようになったビギナーユーザが、次第にミドルユーザやヘビーユーザへと成長していることに対応するものです。

常時接続サービスの対応により、パートナー企業は、提供する無料接続サービスの会員のうち、一部のヘビーなユーザが常時接続サービスを目的に流出することを防ぐと同時に、新規にヘビーなインターネットユーザまでも接続サービスの会員に取り込むことが可能になります。
なお、本サービスは、有料オプションとなります。
モバイル接続への対応
FBDCは、モバイル接続に対するニーズに応えるため、全国で利用が可能なPHS回線からのインターネット接続に対応するモバイル接続サービスへの対応を9月以降開始します。

また、従来パートナー企業に提供している無料接続サービスは、専用ソフトを利用した接続サービスですが、このモバイル接続への対応にあたり、PDA等の専用接続ソフトが利用できないOSや機器からの接続へも配慮し、専用接続ソフトなしでの接続に対応しました。

これにより、当オプションを利用されるユーザについては、従来のWindows及びMacintoshからの接続に限らず、セットトップボックスやPlayStation2などの非PC機器からの固定電話接続も可能となるため、パートナー企業に対する更に幅の広いソリューションの提供が実現いたします。
なお、本サービスは、有料オプションとなります。
専用接続ソフト「BitBasket2.0」へのバージョンアップ
本バージョンアップは、2001年8月10日にリリースしたReSET.JPが提供する「ReSET xEngine」をベースに開発されたプロダクトであり、主なバージョンアップ内容は以下のようになります。

本バージョンアップにより、ユーザから寄せられた改善希望に応えるとともに、この度相次いでリリースする多様化した接続サービスに対応することができます。
●インターフェイスの一新
徹底したスリム化が図られており、軽快な動作が可能となりました。また、デザインも更に洗練させました。
●メール機能の改善
10倍ほどの速度アップを行い、メールトレイの階層化、Outlook型のウィンドウ表示、アドレス帳の強化、メールボックスのスリム化等、大幅に改善しました。
●ブラウザ機能の改善
「URL自動補完」機能を搭載し、また表示動作もより軽快になりました。
●多様な接続サービスへの対応
ダイヤルアップ接続、フレッツ・ISDN接続、ADSL接続等様々な接続サービスに対応しました。
●マルチユーザへの対応
一つのソフトで複数の方がご利用いただけるようになりました。また、パスワード制限もかけられますので、ご家族でも安心してご利用頂けます。
また、無料インターネット接続サービスのOEM企業として、この1年に蓄積された「パートナー企業のカスタマイズ要求」に関するノウハウも反映され、今後より効率的で効果の高いカスタマイズサービスを実現する布石となります。
【BitBasket2.0のイメージ画像】
http://www.freebit.com/press/dl/20010820_image.html
※BitBasket2.0のイメージ画像は、上記のURLにてご覧頂けます。また、ダウンロードも可能ですので、広報担当までご一報のもとご利用ください。

本サービス拡張について

FBDCでは、6月に大規模なユーザ満足度調査を実施し、6割を超えるユーザの満足という評価を得るとともに、実に6割のユーザが当社提供の接続サービスのみを利用してインターネットに接続している(他のプロバイダーとは契約を行なっていない)という事実を確認しました。この比率は、サブプロバイダーとして利用されることの多い無料プロバイダーにおいては、異例の高い比率であり、サービス開始より1年に満たない現時点において、すでにサービスのクオリティやパフォーマンスにおいて通常のプロバイダーと遜色のないポジションを獲得していることを意味します。

今回のサービス拡張は、メインプロバイダーとしての更なるサービスの充実を目標に、当社が提供するビルディングブロックのうち、「ネットワーク・ブロック」と「ソフトウェア・ブロック」を強化するものであり、先の調査において寄せられた不満点の中でも目立った「最寄にAPがない」「常時接続サービスがない」「モバイル接続がしたい」「専用接続ソフトなしでも繋ぎたい」といったニーズに応えるものです。

FBDCは、この「ネットワーク・ブロック」「ソフトウェア・ブロック」の強化に引き続き、「ポータル・ブロック」の拡張にも着手しており、高付加価値化が望まれるプロバイダー事業において、無料プロバイダーのアウトソーサーとして、様々な企業を支えるためのソリューションを継続して開発していきます。

パートナー企業について

現在までに、弊社の無料接続サービスを採用している企業は以下のとおりです。今回の拡張されたサービスの採用は、各企業の判断によりますが、ほとんどの企業がその採用を表明されています。

[ブランディングサービス]
日興證券株式会社
第一生命保険相互会社
[OpenBit.Netサービス]
株式会社クレディセゾン
株式会社リクルート
株式会社ジェーシービー
株式会社ミリオンカード・サービス
日本大学理工学部
プジョー・ジャポン株式会社
株式会社クオーク
※サービス開始順

  • 【報道関係者からのお問い合わせ先】
    株式会社フリービット・ドットコム広報担当
    TEL: 03-5459-0914E-mail:press@FreeBit.Net

以上

トップに戻る