2008年6月18日

各位

フリービット株式会社

フリービット、独自技術「Emotion Link Active Node」の特許を取得
〜アプリケーション自体がIPアドレスを内包、アプリケーション単位でVPN接続が可能に〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、OverLay Internetを実現する独自技術「Emotion Link」に係わる、日本国内の特許を新たに取得いたしました。
(当技術はすでに「Emotion Link Active Node」として実装・製品化を完了し、広く市場投入されております。)

この特許取得におきまして、フリービットが取得する特許数は9、(うちEmotion Link関連は6)となりましたことをご報告いたします。

本特許は、アプリケーションソフトウエア自体に「Emotion Link」環境を内包させることで、独自のIPアドレス(IPv6/IPv4)を、アプリケーションソフトウエアに直接割り当てることが可能となっております。
従来IPアドレスは、機器単位やネットワーク単位で管理されていたものを、アプリケーションソフトウエア単位に開放することにより、膨大なネットワーク空間においての明確な固体認識を可能とし、柔軟なセキュリティ、リーチャビリティ管理などを実現します。

具体的利用例としては、

  • 同一PCにインストールされているアプリケーション毎に異なるVPNを構築し、セキュリティを保持させる。
    (メール用VPN、Web用VPN[管理用]、Web用VPN[作業用]、勘定系ソフト用VPNなど。)
  • SaaSサービスなどにおいて、アプリケーション毎に課金方式を変更する。
    (サービス1はパケット課金、サービス2は月額定額、など。)
  • IPv4のネットワークにおいて、特定のソフトウエアだけをIPv6に対応させる。
  • NGN(次世代ネットワーク)ではないネットワーク空間において、特定のソフトウエアだけをNGNにアクセスさせる。逆に、NGNのネットワーク空間から特定のソフトウエアだけを、NGNではないネットワークにアクセスさせる。
  • 携帯電話に直接IPアドレスを割り当てる。
などが想定されています。

当技術は、すでに「Emotion Link Active Node」としてコンポーネント化されており、Windows(2000/XP/Vista/Mobile)、Mac OS X、Linuxに対応しております。その為、PCから家電、携帯電話に幅広く利用できます。

すでに、生体認証型「MyVPN USBノード」や「Emotion Link SemantiqNode API」等が当技術をベースに構築されております。
本特許取得により、フリービットがこれらのサービス実施に関して独自の地位を確立できるだけではなく、今後新たなサービスへの応用が期待できる為、大きな競争力を得ることができます。

本特許は、フリービットの目指す「Web to SiLK」のコンセプトを技術だけでなく知財面で支える重要な特許です。
フリービットでは、引き続き先進的な技術開発を行うとともに、知財分野においても積極的な取り組みを行ってまいります。


[発明の名称]通信モジュール及びこの通信モジュールを備えたアプリケーションプログラム
[登録番号] 特願2007-552423

●IPアドレス利用形態の比較


URL: http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20080618/ELAC.jpg

●「Emotion Link Active Node」利用例

「MyVPN USBノード」(左図)をPCに挿し、
VPNプロキシーとしてIPv4アドレスを取得した例(中央図)
ソフトフォンとしてIPv6アドレスを取得した例(右図)
URL: http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20080618/MyVPN.jpg



■「Emotion Link」について
既存のTCP/IPネットワーク上に仮想的なネットワークをセキュアに構築する事により、NATやファイヤウォールを越えて、自由度が高く安全な通信を実現する技術です。物理的なネットワークに依存しない通信が可能となる為、フレキシブルなソフトウエアVPNの構築や、情報家電等のネットワーク機器のセキュアなリモートコントロール等、応用範囲は多岐に渡ります。

■OverLay Internetプラットフォーム
既存のインターネットの仕組みの上に仮想的なネットワークを架設し、より自由で安全な通信を実現する仕組み。

「MyVPN USBノード」について
既紋認証付きUSBキーで、簡単・安全なユビキタスアクセスを提供するVPNプラットフォームです。リモートアクセス、SaaS(ASP)、シンクライアントなどのプラットフォームとして利用可能です。ブラウザ、シンクライアントソフト、リモートデスクトップ等の様々なアプリケーションをPCの代わりにUSBを持ち歩くだけでどこでも利用できます。

以上


フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力により、お客様のビジネスを強力に推進する「インターネットビジネス支援事業」を行っております。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない画期的なネットワークサービスを展開。「IT時代のものづくり」に取り組み、継続的に新たな価値の創造に努めております。

■ブロードバンド化事業
インターネット接続事業者へのネットワークインフラを提供し、提供社数ベースでは国内トップシェアを誇ります。
■ユビキタス化事業
ユビキタスネットワーク関連市場において、フリービットではあらゆる機器、アプリケーション間でダイレクトかつ安全・安心な通信環境を実現する独自技術「Emotion Link」をベースに、様々なユビキタスネットワークサービスの開発・提供を推進しております。

弊社HP:http://www.FreeBit.Com/

報道関係者からのお問い合わせ

フリービット株式会社広報担当中村
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

本件に伴う平成21年4月期の業績への影響につきましては、
現時点では軽微であると考えております。

トップに戻る