2009年10月1日

各位

フリービット株式会社

フリービット 法人向けXaaS事業サービス、生体認証型「MyVPN USBノード」を新たに訪問看護アセスメントASPサービスに提供
〜メディカル・データ・ビジョン社SaaSサービス「看護のアイちゃん」に提供開始〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、当社の法人向けXaaS事業(X As A Service:様々なもの“X”をサービスとして提供する)の一環として提供している指紋認証付きUSBメモリ1本でフレキシブルなVPNが利用できる「MyVPN USBノード」が、10月1日からメディカル・データ・ビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎博之、以下MDV)が日本全国各地の訪問看護ステーションに提供する訪問看護アセスメント(注1)・業務支援システム「看護のアイちゃん」のアクセスツールとして採用されたと発表しました。

医療分野においては、医療費削減の流れによる病床数の減少や高齢化問題などで、病院治療から在宅医療への移行が進む中、問看護サービスの重要性は高まっており、全国に約6,000の訪問介護ステーションが存在しております。
このような社会情勢の下、国も医療制度改革において、地域ケア、すなわち訪問医療・訪問看護を強く推進しております。

MDV社が開発した「看護のアイちゃん」は、看護師の訪問看護時におけるアセスメント及び業務支援を目的としたツールです。患者の病状や看護ケアの内容などの重要情報を扱うため、そのデータの取扱いには、高度なセキュリティが必要とされています。

フリービットのASP型VPNサービス「MyVPN USBノード」による指紋認証とVPNの利用により、看護ステーションとデータセンター内のサーバー間における安全な通信経路を確保し、システムや情報をセンターでセキュアかつ簡単に一括管理できるようになります。

MDV社には、これまでもレセプト(診療報酬明細書)などの重要情報を扱う、DPC(医療費の包括請求制度)分析ベンチマークシステムのアクセスツールとして「MyVPN USBノード」を導入いただいている実績があり、今回で二件目の採用事例となりました。


「MyVPN USBノード」をご採用頂くことによるメリットは以下の通りです。

  • 「MyVPN」で構築した専用VPN網により、確実な情報精度が求められる医療情報システムへの改ざん、盗聴、なりすましの防止が可能。
  • 生体認証により個人を特定するため「いつ、だれが利用したか」等のログ情報の取得が可能。
  • 「MyVPN」の利用により、VPN専用設備の用意や運用管理なども不要。
    システムがセンター集約されることで、導入コスト維持管理コストが削減できます。
    また、MyVPNを利用するにあたってはソフトウェア等をPCへインストールすることは一切不要で、USBメモリを挿すだけで利用出来ます。
  • 指紋認証付きUSBメモリの為、紛失しても登録ユーザー以外の利用は出来ず悪用の心配がありません。

 

【訪問看護ステーションでのMyVPN USBノード利用イメージ】

URL:http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20091001/Kango_image.jpg

「MyVPN USBノード」は、フリービットの独自技術のOverLay InternetプラットフォームであるEmotion Link(Emotion Link Active Node)を採用しております。
Emotion Link Active Nodeにより、PCではなく指紋認証付USBメモリ内に格納されている各種アプリケーション自体がIPアドレス(IPv4/IPv6 global/local)を取得し、VPNを終端させることが可能となり、ネットワークにおける「自律ノード」として動作いたします。

このような特徴から、「MyVPN USBノード」はASP(SaaS)での利用用途以外にも、様々な拡張性を有しています。

○ 利用用途例
  • 営業マンが外出先から会社のネットワークへアクセス
  • テレワーク、SOHO環境等から会社のネットワークへアクセス
  • 派遣先企業から派遣元企業へアクセス
  • サーバ環境のリモートメンテナンス
  • 金融取引などコンシューマ向け決済アプリケーションの利用
  • Thin clientの環境として

フリービットは、クラウド化する社会に対応すべく、中期経営計画「SiLK VISION 2012」において当社の事業定義を「Smart Infra提供事業」と位置づけております。「MyVPN USBノード」は、本中期経営計画における法人向け継続サービス「XaaS事業(X As A Service:様々なもの“X”をサービスとして提供する)」の一環としてご提供するものです。ソフトウエアの運用からサポートまでを1つのパッケージとしてご用意することで、お客様のさらなる利便性の向上を目指します。

■ 「Emotion Link」、「MyVPN USBノード」に関するお問い合わせ
フリービット株式会社 インターネットビジネス推進部
電話番号:050-7535-0688
URL:https://secure.freebit.net/freebit/el.html
■ 「看護のアイちゃん」に関するお問い合わせ
メディカル・データ・ビジョン株式会社
事業開発部事業推進チーム 亀井
電話番号:03-5298-0011
URL:http://mdv.co.jp

補足説明

(注1) 訪問看護アセスメント

看護診断をする為の看護過程の一つ。血圧、体温、脈拍、呼吸等客観的情報と患者の訴え等、主観的情報を併せて行うものであり、訪問看護に特化したアセスメントである。

■ SaaS(Software as a Service)
ユーザーが開発者などからソフトウェア提供を受けるに当たり、必要な機能のみを選択して利用できるようにしたソフトウェアのこと。それを実現するためのメカニズム、あるいはそのようなソフトウェア提供形態(デリバリモデル)のことをいう場合もある。

■ 「Emotion Link」について
既存のTCP/IPネットワーク上に仮想的なネットワークをセキュアに構築する事により、NATやファイヤウォールを越えて、自由度が高く安全な通信を実現する技術です。物理的なネットワークに依存しない通信が可能となる為、フレキシブルなソフトウェアVPNの構築や、情報家電等のネットワーク機器のセキュアなリモートコントロール等、応用範囲は多岐に渡ります。
Emotion Linkサービスサイト: http://www.freebit.com/el/index.html

■ 「Emotion Link Active Node」について
「Emotion Link Active Node」は、OverLay Internetプラットフォーム(※1)「Emotion Link」のラインナップの一つです。 アプリケーション自体に「Emotion Link」環境を内包させることで、利便性と汎用性を高めています。これによって独自のIPアドレス(ELアドレス)をネットワークデバイスのみならず、アプリケーションに直接割り当てることが可能となり、アプリケーションをインターネットの「自律ノード化」(※2)することを実現した全く新しいソリューションです。

(※1) OverLay Internetプラットフォーム
既存のインターネットの仕組みの上に仮想的なネットワークを架設し、より自由で安全な通信を実現する仕組み。
(※2) 自律ノード化
膨大なネットワーク空間で個体認識が可能となり、あらゆる機器やアプリケーションに対してインターネットサイドからアクセスすることが可能になること。

■「MyVPN」について
「MyVPN」は、1クリックVPN(ソフトウェアクライアント)、置くだけVPN(ボックスクライアント)などの導入形態から選択していただくだけで、センター機材無しでカンタン、低価格にスタート出来るEmotion Linkを利用した全く新しいタイプの多拠点、多店舗向けVPNサービスです。

「MyVPN USBノード」サイト http://www.MyVPN.jp/usb/
MyVPNロゴマーク

以上


フリービット株式会社について

 フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

報道関係者からのお問い合わせ

フリービット株式会社 CEO室 広報グループ/中村
Mail: Press@FreeBit.Net  電話番号:03-5459-0522

本件に伴う平成22年4月期の業績への影響につきましては、
現時点では軽微であると考えております。

トップに戻る