freebit recruit

新卒採用 社員インタビュー

職場の風通しがいいと、
仕事も人間関係もスムーズになる

2007年入社 総合職(経理)

お互いにフォローし合える
仕事のスタイルに安心感がある

学生時代にIT業界に興味が芽生え、採用説明会で聞いた石田会長のプレゼンテーションにすごくワクワクするものを感じてフリービットに入社。現在は、グループ全体の管理・連携を図るグループ経営管理本部で経理を担当しています。部署では毎日17時頃に夕礼があり、その時点で残っているタスクをそれぞれ出し合い、それを終業の19時までにみんなで終わらせるというのが仕事のスタイル。「部署に与えられた仕事はみんなの仕事」という当事者意識を全員がすごく持っていて、仕事で「困ったな」と感じた頃には、先輩や上司からすでに何かしらのフォローが入っています。でもガチガチに管理されているわけではなく、業務上の改善アイデアなどはどんどん上司に取り入れてもらえたり、そんな風通しのよさもこの会社の魅力のひとつだと思っています。

チームワークと絆を深めて
くれる「道真公のお神酒」

フリービットには「道真公のお神酒」と呼ばれる、社員の交流を奨励する制度があり、毎月一人あたり5,000円まで飲食代が補助されます。正社員と準社員が3人以上揃っていれば誰と飲みに行ってもいいのですが、この制度のおかげで自分の部署はもちろん、他の部署とのコミュニケーションもすごくスムーズになった気がします。先日も「お神酒使おうよ!」と15人くらいで飲み会をしたところ、4月に入社したばかりの社員も何人か参加してくれました。そういった、日常業務ではなかなかコミュニケーションを取れない相手とも顔を合わせて話ができるので、仕事を円滑に進める上でも大切な機会となっています。

プライベートが充実すると、
仕事が辛くても頑張れる

フリービットに入社していつの間にかもう8年。振り返ってみると、「自分は学生時代と何も変わってないんじゃないかな」と感じることがあります。もちろんそれはネガティブな意味ではなく、社会人になっても学生時代と変わらず毎日が楽しいということ。社会人になるとよく自由な時間がなくなる、なんて言いますが、フリービットという会社は、そういうプライベートで我慢するということがないからかもしれません。趣味の旅行も、ほぼ毎月行っているほどですから。思うのですが、プライベートが楽しいと、仕事で多少きついことがあっても、それってストレスにならないんですよね。できれば私は、このまま定年までフリービットという会社で働きたいと思っています。これって変ですか(笑)。

スナップショット

旅行大好き!ドバイではラクダに乗って砂漠を歩きました☆

ボルタリングに挑戦。筋肉痛がちょっと辛いけど、とっても楽しいです。

人事コメント

新卒から経理の経験を積み上げ、難題に対してもいつも笑顔で対応してくれています。
高いコミュニケーション能力で他の新卒メンバーを優しく引っ張ってくれているフリービットになくてはならない存在です!