PLANNING
営業

2003年入社

興味のなかったITに
飛び込んだきっかけ

就職活動でたまたま空いた時間に参加したフリービットの採用説明会。そこで目にした石田会長のプレゼンテーションに、それまで他社では感じなかった「何かとてつもない夢」を感じて、まったく興味のなかったITベンチャーの道へ。広告・マスコミ業界志望からの180度の方向転換でした。所属されたYourNet事業部では、プレイヤーとして現場営業もこなしつつ、営業チームの統括から、新サービスの企画まで幅広い業務を担当していました。現在はMVNE事業部に異動となり、巡り巡って広告系の仕事に携わることに。広告主/広告代理店への現場営業、営業戦略の立案、Webマーケティングまで幅広く携わっています。ITへの興味も知識もなかった私が、なぜここまでやってこられたのか? その理由は、人一倍負けず嫌いの性格と、新しい仕事にもどんどんチャレンジさせてもらえるフリービットのベンチャー気質にあるのかもしれません。

技術的な知識も増え、
お客様の信頼も大きくなる

営業は「提案型営業」が基本スタイル。お客様が感じている問題点や課題をヒアリングして、それを最適化するソリューションとしてサービスを提供するのですが、その窓口となるのが営業です。ある程度、技術的な知識も必要となりますが、フリービットの場合、営業と技術者との距離が近く、技術的な相談や質問もしやすいため、自然と身についたというのが正直な実感。結果として、お客様からは技術的な問題も含めて「何でもこの人に相談すれば大丈夫」という大きな信頼が得られるようになりました。ここまで至るには、コミュニケーションを大切にし、お客様や技術者と何度も話し合いを重ねながら、実際にシステムのリプレースなどに携わり、時には失敗もして経験を積んだことも大きく影響していると思います。そう考えると、フリービットは自分を営業として大きく成長させてくれました。

インタビュー写真1

いい意味での「縛りのなさ」と「チャレンジできる環境」がこの会社の魅力

最近のTOPICSとしては、サービスの大幅なリニューアルを企画責任者として担当。サービス仕様や要件定義、各種ドキュメントの作成、HPのリニューアル等を行い、無事にリリースができました。前任のYourNet事業部でも複雑なサービスを多数企画してきた事もあり、サービスの性質が異なっても十分経験を活かすことができています。扱うサービスは異なるものの、”技術”に対する考え方がある程度身についているので技術者との会話も円滑に進んだと思います。この「常に新しい挑戦ができる」ところがフリービットという会社のいいところ。あれをやっちゃダメ、これをしないとダメ…そんな縛りがないからこそ、これまでいろんなことにチャレンジできたし、自分もここまで成長できたと思いますから。それに単に資料を持って飛び込み営業するだけだったら、きっとすぐに飽きて続いていません。今までネットワークやネットワーク系のアプリケーションの営業を担当していましたが、今はマーケティング等の全く異なる分野に身をおいているので、客層も、営業ポイントも異なり、マーケティングを勉強しながら自己の営業スタイルを探っているところ。社内にいながら転職したような感覚かな?これからも、私自身、新しい挑戦を続けていきたいと思います。