ENGINEER
エンジニア
2017年入社
なんでもこなせるエンジニアを目指して
自分はなんでもこなせるエンジニアになりたい、そのためにいろんな経験を積みたいと思い、フリービットへ入社しました。
フリービットに入る前、新卒で入った会社は大きな会社で、任される仕事の範囲が狭かったんです。
最初はデータベースエンジニア、そこからサーバーの調達・構築・設計の部隊、そこから更にインフラのコアな部分を専門にやるようになりました。
でもそればかりやっていると、「それしかできない人」になってしまうんじゃないかという危機感があって、幅広い分野に触れることができる仕事を探していました。
転職活動の際、「インフラエンジニアが主役になれる職場」というフレーズに興味を持ったのがフリービットに応募したきっかけです。
サーバーエンジニア、ネットワークエンジニアが活躍していて、インフラエンジニアが沢山いるイメージがありました。面接時に今の配属先のリーダーとも話をして、新しい分野にも挑戦できるということ、業務の中で色々な経験が積めるということ、配属先では実際にどういった仕事をするのかも具体的に聞いていたため、入社してから仕事に対するギャップもなく、本当に幅広く様々なものに触れながら働いています。
発信を止めない現場
仕事では役割にあまり縛りはなく、例えば「このサービスを運用してください」という業務があれば、チームメンバーの得意分野で役割を分担しつつ、バランスよくこなしていきます。
分担はしているけど、AさんがやっていることをBさんが一緒にやっても構わず、未経験の分野に挑戦するときもチーム内にその分野が得意な人がいれば教えてもらえますし、チーム全体でできることがどんどん広がっていくようなイメージです。
「これをやって」と上から言われることはあまりなく、むしろ仕事を進める中で「こういう物があったらいいな」と思えば実際に作って提案をします。
自分で発信して動いていれば、チャンスはたくさんある職場です。
フリービットでは、好奇心や自発的な動きを否定せず、頭から「ダメ」なんてことは言われません。
もちろん、「何故やりたいのか」は聞かれますが、理由さえ伝われば「じゃあ、やってみなよ」と背中を押してくれます。
もし「これをやりたい」と発信したタイミングと需要が合っていなければ、「今じゃない」という事を会話の中で伝えてくれます。
そういった点でも自発的に動きやすい雰囲気ができていると思います。好奇心旺盛で自発的に動ける人がフリービットには向いていると思います。
本当に求められているものを作る
現在は電話効果測定サービスの「AdSiP」において、新規開発をやりつつ運用保守・監視をメインで担当しています。
保守・監視業務自体はすごくシンプルで、何かが止まったら「止まりました」と通知が来ますよね。でも、止まった原因や要因の関連性の特定は人間が行っています。
今はそういった解析・分析の分野を手掛けていて、人の手を介さずに要因の関連性を可視化してくれる多分析システムを作りたいと思っています。
「これは便利だろう」と独りよがりなサービスを作るのではなく、いま求められているもの、本当に欲しい物は何かを考え、より良いものを作っていきたいですね。

SCHEDULE

08:00 起床
09:30 出社 メールのチェックやシステムの状態確認をします
10:00 勤務開始 一番集中できる時間なので、優先度の高いタスクをやります
12:00 昼食 お気に入りのお店に行きます
13:00 開発作業 午後は主に開発・運用改善に専念
15:00 チームMTG タスク進捗や情報共有のを行います
18:00 1日を振り返りを行い、タスクの進捗や課題整理を行います
19:00 退社
20:00 帰宅後、家事をしたり、筋トレしたりします
23:00 技術的なトレンドを調べたりします
01:00 就寝

PIE CHART

INTERVIEW LIST