ENGINEER
エンジニア
2017年入社
理想的な環境を求めて
エンジニアになったのは、物づくりと機械が好きで、アプリケーションを作ることにも興味があり、勉強を始めたのがきっかけです。
エンジニアとして駆け出しの頃は自分に技術がないことがコンプレックスで、働きながら技術をどんどん習得したいという想いがありました。
地方出身ですが、もっと濃い経験をしてスキルアップしたいと思い、技術的にも経験的にも得られるものが多い都心へ移ることを決心して転職活動を始めたのがフリービットを知ったきっかけです。
沢山の企業の中からフリービットを選んだのは、端末の開発からアプリまで携われスキルアップができそうだと感じたことと、開発者の裁量の多さに魅力を感じたことが大きな理由です。
加えて、実際に面接で自分のやりたいことを話していくと、初めに応募していたポジションではなく、より自分に合ったポジションで選考を受けることになり、柔軟性のある理想的な環境で働くことができると感じました。
開発者として、ユーザーが喜ぶものを作りたい
ユーザーの喜ぶものを作るには、開発者からも発信することが必須だと考えています。前職でアプリケーションの開発をしていたときに関わっていたのは「この作業のこの部分」といった狭い範囲でした。その点、今は仕様をどうするかなどの企画から実装まで、物づくりの流れ全体に開発者として関わることができています。
主な業務は端末向けのアプリケーション開発・機能追加です。既存の機能の改善・修正なども担当していますし、最近では技術協力の一環としてBtoCサービスのアプリサイドの実装も担当していて、様々な経験を積めています。
開発者は、基本的に個人単位での取り組みが多いですが、難しい実装などは相談しながら進めています。
いくつかの案件が同時並行で進むイメージですが、チームで分担し自分達でスケジューリングをして進めており、そういったところでも裁量を持って働けています。
オフィスにはカフェスペースがあり居心地の良い空間で、チーム内のコミュニケーションも活発です。
コミュニケーションが多く取れているため、雰囲気も良く仕事にスピード感があります。
広い範囲で力をつける
フリービットには、例えば「こういった機能をこういった技術を使って作りたい」という発信をすると、自分のやりたいことやチャレンジを応援してくれる環境があります。
そのため、向上心があって自分でやりたいことを発信し、チャレンジする人が多いように思います。
エンジニアは新しい技術を使うことが多く、業務を通して自然にスキルアップできる土壌もあります。
今後の目標は、アプリだけでなくサーバーサイドも経験していくことです。
アプリからサーバーまで全体的に対応できるようなエンジニアを目指し、サーバーサイドの知識や技術に関して習得しようと思っています。
開発者としては、アプリの機能改善などを行なって品質を高めていくこと、エンドユーザーに喜んでいただける新機能の提案を行うことが今後の目標です。
エンドユーザーからの「良くなった」というフィードバックは嬉しいですし、やりがいになっています。
そういった声を増やしていくため、日々頑張ります!

SCHEDULE

07:30 起床
09:30 出社
09:30 早朝MTG 各部門の情報共有、および社内の共有事項について
10:00 勤務開始 業務に関連する情報の収集、タスクの確認と整理を行います
10:15 抱えている案件の開発業務を行なっています
13:00 昼食 近場で買ってきて、社内の休憩スペースなどで食べます
本社と移動ある場合は外で食べることが多いです
14:00 午前に引き続き抱えている案件の開発業務
15:00 定例ミーティング 開発企画部門合わせ、必要なタスクの確認と割り振りを行います
17:00 動くものがあれば、成果物の確認を単体で行います
18:00 実装状況の共有、必要な場合は実装上の問題の共有も行います
18:30 退社
19:30 健康のために最寄りのジムに行きます
21:00 帰宅して夕食などを済ませます
22:00 日によって新技術のキャッチアップや、趣味のNetflix鑑賞などに時間を使います
24:00 就寝

PIE CHART

INTERVIEW LIST