PLANNING
営業

2015年新卒入社

いま一番伸びている
ベンチャーで働きたかった

将来的に独立を考えているため、就職先はいろいろな仕事を任せてもらえそうなベンチャー企業を探していました。フリービットを選んだ理由はその「スピード感」。もともと通信事業者向けのプロバイダサービス事業としてはじまった会社が、短期間のうちにコンシューマー向けのスマートフォン事業も展開している。そんな事業展開の広がりの早さに大きな魅力を感じました。入社時にいくつか希望配属部署を聞かれたのですが、元気が売りの自分がいま会社に提供できる価値は何かを考えた場合、真っ先に浮かんだのが「営業」。そんなわけで僕は今、法人向けのサービスを扱うYour Net事業部で、インターネット接続サービスをはじめ、VPNサービスやクラウドサービスなど幅広い領域の営業を担当しています。

多くのことが求められる営業

フリービットの営業スタイルは提案型営業が基本です。さすがに部署に配属されたばかりの時はまだ一人でお客様のもとには行かせてもらえないので、先輩について既存のお客様のもとに何かご提案できることはないかヒアリングに伺うことが日々の業務でした。お客様の悩みを細かく伺い、新しい提案をするためには、もちろん技術的な知識も必要不可欠。そのため、技術セミナーへの参加はもちろん、普段から技術系の先輩社員に積極的に質問したり、薦められた技術書を読んで勉強もしています。現在では、担当顧客の数も増え、日々の営業活動と、後輩の指導など、忙しい毎日を送っています。

インタビュー写真1

目指すはゼネラリスト

新たな商品やサービスは、お客様のニーズのいちばん近くにいる営業マンから生み出されることもあります。何かひとつの専門家ではなく、物事を大局的に見られるゼネラリストを目指している自分としては、これもまた大きなひとつのチャンス。まずは受注を勝ち取ることが先決ですが、将来的には自分も提案から商品企画までこなせる営業マンになっていきたいです。そういえば先日は、同期の一人が月間MVP(各事業部長の推薦で毎月選出され社長主催の食事会に招待される)に選ばれたばかり。自分だって負けてはいられません。