2014年8月4日

各位

フリービット株式会社

フリービット、LINEなどで話題の「スマホ間の無料通話/メッセージサービス」を短期間で実現するクラウド型次世代VoIPシステム「CloudVoIP」等のIoT(Internet of Things)を実現する基幹技術「Emotion Link Active Node」が日本、中国、韓国に続き、米国で遂に特許取得
~あらゆるアプリケーションに仮想化/SDNによって直接IPアドレスを割り当てることによって大規模なクラウドサーバ無しでのP2Pを実現。freebit mobileの高品質IP電話、PandAとPC等との連携をケーブルレスに行う「One」、更にあらゆるスマートフォンをサーバーに変える次世代プラットフォーム「ServersManプラットフォーム」は世界29ヶ国でユーザーを獲得〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下「フリービット」) は、freebit mobile(freebit mobile公式HP:http://freebit.jp/)の基幹技術である「Emotion Link Active Node」について、日本、中国、韓国に続き、開発から6年をかけて、ついにITの本場米国でも特許を取得したことをお知らせいたします。

■発明の名称

通信モジュール及びこの通信モジュールを備えたアプリケーションプログラム
[登録番号]特許第8543706号(米国特許庁登録番号)

Emotion Link Active Nodeは、従来のインターネットの常識を覆し、機器(ネットワーク・インターフェース)ではなく、アプリケーション自体がIPアドレス(IPv4/IPv6)を持つことを可能にする技術です。

■代表石田コメント

「Emotion Link Active Nodeは、全く新しい発想で生まれたインターネット自体の基幹技術です。この技術を本当にインターネットにデビューさせていいのかどうか自体を恩師である、村井純先生(慶応大学環境情報学部長/教授)に相談に伺った日のことを昨日のように覚えています。村井先生に背中を押していただき、世界に向けてデビューさせ、実装面でも今やフリービットプロダクトには欠かせない基幹技術に成長したEmotion Link Active Nodeが約6年の特許取得活動を経て、世界的IT企業がひしめく米国で特許化された事は大きな喜びであるとともに、弊社技術陣/知財チームの力を証明することになったと感じています。

Emotion Link Active Nodeの用途は、CloudVoIPで実現している、LINE等で話題の無料通話/無料メッセンジャーから、スマートフォンやPCなどの機器をソフトウエアをインストールするだけで、簡単かつセキュアに、サーバーに変えデータセンターを利用するクラウド技術を使うことなしに、直接世界に情報を発信すること、さらにはセンサーなどの機器が直接通信を行う、IoT(Internet of Things)など多岐に渡ります。

フリービットは、2007年の開発成功以来、次世代インターネットを担う基幹技術に位置づけ様々なプロダクトへの実装を行ってまいりました。

■実装例

2007年 MyVPN USB Node
社内のアクセス先の端末にはソフトウェアをインストール、社外のPCには専用USBを挿すだけで、特別な機器を必要とせずセキュアにアクセスすることを実現したVPNサービス
http://www.freebit.com/press/pr2007/20070322.html
2007年 楽天社との共同開発、楽天メッセンジャー
楽天の誇る「ユーザーフレンドリー化」のノウハウと、フリービットの世界最先端のEmotionLinkによる OverLay Internet技術を組み合わせることで、事前インストール無しでチャットだけでなく音声までを誰もが簡単・安心に利用できるLINE等に先駆けた「メッセンジャー」サービス
http://www.freebit.com/press/pr2007/20070523.html
2009年 ServersManシリーズ(iOS/Android)
インターネットに接続された様々なデバイスをサーバー化し、デバイスに保存されている情報にアクセスしたり、コントロールしたりすることが出来るテクノロジー
http://www.freebit.com/press/pr2009/20090204_01.html
http://www.freebit.com/press/pr2009/20090216.html
2012年 Cloud@SD
ネットワーク非対応製品に対して、その機器が備えるSDカードスロット/USBポートを使って、ネットワーク接続機能を追加するだけでなく、クラウド/M2M連携を「瞬時」に実現する完全なソリューションを提供
http://freebit.com/press/pr2012/20120515.html
2013 年 Cloud VoIP (ServersMan050 / IP電話 他)
LINEなどで話題の「スマホ間の無料通話サービス」を短期間で実現するスマホ向けクラウド型次世代VoIPシステム。全世界で取得済みの特許技術を利用し、待機時のバッテリー消費量ゼロ、アプリ同士の無料通話、050番号からの一般電話との通話環境が提供可能
http://www.freebit.com/press/pr2013/20130308_voip.html
http://www.freebit.com/press/pr2014/20140416.html
2013年 One(freebit mobile)
写真、音楽、ファイル、メモをケーブル無しでPCのブラウザと切れ目なく連携するAndroid 対応のプラットフォーム。撮影した写真や音楽などのコンテンツを1つのアプリで管理し、閲覧や再生が可能

フリービットグループでは、今後も引き続き先進的な技術開発を行うとともに、地財分野においても積極的な取り組みを行ってまいります。

以上

※すべてのブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは各社に権利が帰属します。

【フリービット株式会社について】

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

【報道関係者からのお問い合わせ】

フリービット株式会社 グループ経営管理本部 PR・IR部 広報担当
Mail: Press@FreeBit.net  電話番号:050-7535-0524

トップに戻る