2002年8月29日

報道関係者 各位

メディアエクスチェンジ株式会社
株式会社フリービット・ドットコム

メディアエクスチェンジ株式会社と株式会社フリービット・ドットコム、相互接続によって互いの顧客向けに新サービスの開発を行うことで合意

メディアエクスチェンジ株式会社(以下MEX, 本社:東京都豊島区、代表取締役社長吉村伸、資本金12億7,000万円、http://www.mex.ad.jp/)と、株式会社フリービット・ドットコム(以下 FBDC, 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長石田宏樹、資本金10億450万円、http://www.freebit.com/)は、両者のネットワークサービスを高速回線で接続することで、互いのサービスを両社顧客に対してより利便性の高い形で提供していくことをめざすことに合意した。

MEXは、わが国のインターネットデータセンターの草分けとして、多くの著名コンテンツ事業者にそのサービスを提供している。一方、FBDCは、ユニークなThe Internet xEngine のコンセプトの元に、インターネットサービスに必要な要素をBuilding Block の形にまとめ、80社を超えるISP に対して、ISP 事業の構成要素を提供している。両社は、ISP’s ISP という観点では共通した事業の方向性を有しており、そのサービスを両社の顧客に対してさらに利便性の高い形で提供することはメリットが大きいと考えている。

MEXの顧客は、インターネット利用者に対してコンテンツサービスを提供する事業者が大半であり、いわばASP’s ISP として、膨大なトラフィックを交換している。MEXは、従来までISP に対して中立の立場をとってきたが、インターネットを利用するニーズはより広範になり、ブロードバンド時代を迎えてより多岐にわたってきている。この様な状況下で、FBDCは単なるISPではなく、ISP’s ISP 的なサービスとして、さまざまなサービスユニットを有しているため、MEXでは、このサービスをMEXの顧客に対する付加サービスの一環として、高速ネットワーク環境下で提供することで、さらに顧客事業の発展に寄与したいと考えている。MEXを利用する企業がFBDCの全国網を利用してVPN型のネットワークを構築することや、FBDCのインターネットサービスを利用して自社ブランドでのメンバーシップ型接続サービスを提供することができるようになる。

一方で、FBDCはこの提携により、FBDCサービスの販路を拡大するだけでなく、MEXの有する高速バックボーンネットワークと接続することで、ブロードバンド時代においてもFBDCユーザに対してより快適なアクセス環境を提供できると考えている。

  • 【報道関係者からのお問い合わせ先】
    メディアエクスチェンジ株式会社広報代理:(株)アルサープ河端
    TEL: 03-5297-8808E-mail:mex@alsarpp.co.jp
    株式会社フリービット・ドットコム広報担当
    TEL: 03-5459-0914E-mail:press@FreeBit.Net

以上

トップに戻る