2010年6月2日

各位

フリービット株式会社

フリービット、iTunes&ケーブルいらずでいつでもどこでもiPadにファイルを出し入れできる無料のマルチドキュメントリーダー「ServersMan HD」発表!
〜iPadを各種ドキュメントリーダーや外部から写真を直接送信できるデジタルフォトフレームとしても利用可能にiPadを使った法人向けドキュメントソリューションにも参入〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、6月2日、あらゆるモノをインターネットから直接アクセス可能な”True” Cloud Storageとして利用可能にする「ServersMan」シリーズの新ラインアップとして、米アップルのタブレット型端末「iPad」に対応した「ServersMan HD」を、世界90カ国にあるすべてのApp Storeの無料公開に向けて申請いたしました。

ServersMan HDでは、USBケーブルやiTunesを一切使用せずに、いつでもどこでも端末とPC/Macの間でファイルを出し入れできる優れた操作性をiPadに対して提供します。また、様々なタイプのファイルを表示可能なドキュメントリーダー機能も、PDF表示機能を中心に改善を加え、電子書籍リーダーのようにご利用いただけるようになりました。さらに、9.7インチという大きな液晶ディスプレイを持つiPadの特徴を活かし撮影した写真や画像をスライドショー表示させるフォトフレーム機能も追加しております。

ServersManは、僅か5分足らずの設定であらゆるモノをネットワークストレージやWebサーバーとしてご利用いただくことが出来るソフトウエアです。発売から60日以内で200万台を出荷したiPadにも対応したことで、ご利用いただけるプラットフォームの種類はiPhone/Windows Mobile端末/Android端末/デジタル家電/Eye-Fi/ネットワーク接続型大容量記憶装置(CAS)/仮想専用サーバ(VPS)に続き、8種類目となります。

なお、ServersMan HDにつきましては、一般向けの無償提供のほか、iPadをドキュメントビューワーとして利用することを検討されている法人のお客様向けにカスタマイズを施すOEM(相手先ブランドでの製造)形式でのご提供も予定しております。

ServersMan HDの主な特徴は以下のとおりです。

  1. iTunesやUSBケーブル一切不要!いつでもどこでもiPadへデータのアップロード/ダウンロードが簡単に実現!
    iPadではUSBケーブルとiTunes経由でデータを取り込む機能がありますが、ServersMan HDならば、iPadにインストールするだけで、いつでもどこでもPC/Macとの間で簡単にデータをアップロード/ダウンロードできます。データをやりとりするために必要なのは、ブラウザーもしくはWebDAV利用環境のみです。
    ServersManではWi-Fi/3Gどちらにも対応しているほか、ServersManの特徴である「Cloud Switch」機能によってiPadが接続しているネットワークを自動識別し、最適なルートでワイヤレス通信を行います。ユーザーはiPadがつながっているネットワークの種類を意識する必要は一切ありません。
  2. MS Office、iWork、テキスト、HTMLなど多様なファイルタイプに対応!iPadで使えるマルチドキュメントリーダーに
    ServersMan HDは、Excel、Word、PowerPoint、Pages、Numbers、Keynote、テキストなど多様なファイルを表示できるマルチドキュメントリーダー機能を備えています。テキスト、HTMLなどはビューワーモードから編集モードへの切り替えもスムーズに行えます。
  3. PDF表示機能を強化!無料の電子書籍リーダーとして利用も可能
    ServersMan@iPhoneでも注目されたPDFリーダーとしての機能を独自に強化しました。大量のページを含むファイルでもストレスなく起動できるほか、ページ移動も滑らかに行えます。
    例えば、個人所有の書籍をPDF化したデータを、ServersManを利用してiPadにアップロードすれば、ServersManを自分専用の電子書籍リーダーとして利用することも可能です。
  4. モバイルスキャナー「ScanBit MFS-60」で読み込んだ画像をiPadに入れて持ち運び可能に
    フリービットのグループ会社であるエグゼモード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤岡淳一)が提供するPC 接続でサーバー化する新感覚モバイルスキャナー「ScanBitMFS-60」で読み込んだ画像を、ServersMan HDに転送することが可能になります。
    付属のソフトウエア「ServersMan mini」をアップデートし、新機能として新たに別デバイスのServersManに保存できるグルーピング機能を追加します(注1)。これにより、ScanBitをパソコンにUSB接続するだけで、スキャナーで読み取り・保存した画像データを簡単にiPadに保存し、そのまま持ち歩くことができます。

    本件につきましては本日、別途、下記のプレスリリースを実施しております。
    「フリービットグループ、exemodeブランドで展開中のパーソナルスキャナ『ScanBit』をiPad/電子書籍向けソリューションとして提案」
  5. 写真や画像をスライドショーのように自動再生するフォトフレーム機能が追加!
    iPadの大きな液晶画面を活かし、ServersManに保存した写真や画像をスライドショー形式で表示し、フォトフレームのように利用できます。
    フリービットが提供している、撮った写真をそのまま別デバイスのServersManに保存できる連携アプリ「Scooop」を利用すれば、外出先で撮影した写真をその場でご自宅のiPadに転送・保存し、スライドショー表示させてご自宅のインテリアとして利用することも可能です。転送した写真は特にユーザーが操作しなくても、スライドショーの中に自動的に表示されます。
  6. iPad/iPhone同士をコツンとぶつけるだけでデータ交換可能な人気アプリ「Bump」に対応
    端末同士を軽くぶつけ合わせることでデータの交換を実現するアプリ「Bump」について、iPadでも対応しました。これにより、ServersManをインストールしたiPad同士、またはiPadとiPhoneでのデータ交換を簡単に行うことが出来ます。
    例えば、iPhoneで撮影した写真を、Bumpを利用してすぐにiPadに取り込むといった使い方が可能です。
  7. iPadのデータをWebサーバーとして公開も可能!
    ServersMan HDはiPadをWebサーバーとして利用することができます。
    ServersManのシステムでは、全てのServersManアプリに対して、一意のURLが割り振られるため、ServersManの公開用フォルダ(public_html)に入れたデータをインターネット上にホームページのように公開することも可能です。
  8. iPhone版と比較して約150%(注2)の高速化を実現!
    iPadのCPUは1GHzと高速になりました。ServersMan HDの処理においても、これは大きなメリットとなっており、ServersMan@iPhoneと比較して転送速度で約150%の高速化を実現しています。ファイルマネージャーでのデータ転送時など、スムーズな動作を体験していただけます。

また、ServersMan HDのリリースに伴い、iPhone/iPod touch版の新バージョン「ServersMan@iPhone 3.9β」も合わせてAppStoreに登録申請しております(注3)


「ServersMan HD」の利用方法

App Storeから無料でダウンロード、インストールできます。
※ServersManをご利用いただく際にはメールアドレスが必要となります。

○動作環境
iPad:iPhone OS 3.2以降

ServersMan関連サイト
ServersMan HDサービスURL:http://serversman.com/promo/promo_hd-ip.html
YouTube(R): http://www.youtube.com/serversman/
Twitter(R): http://twitter.com/serversman/

(注1)アップデート版は6月中公開予定です。
(注2)当社調べ。転送速度はネットワーク環境の影響を受けます。
(注3)ServersMan@iPhone 3.9βにはフォトフレーム機能はありません。また、iPhone OS 3.1.3へのアップデートが必要です。

ServersMan HD introduction 1



ServersMan HDのファイル転送機能

URL:http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20100602/HD_image_01.jpg

Scooopと連動したServersMan HDフォトフレーム機能

URL:http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20100602/HD_image_02.jpg

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

報道関係者からのお問い合わせ

フリービット株式会社グループ経営企画室広報グループ/佐藤 新、小椋 千晶
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

※ServersManはフリービット株式会社の登録商標です。
※Apple、iPhone、iPod touch、iPad、iWork、Pages、Numbers、KeynoteおよびApp Storeは、Apple Inc.の商標もしくはトレードマークです。
※Excel、Word、PowerPointはマイクロソフトの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に伴う平成23年4月期の業績への影響につきましては、
現時点では軽微であると考えております。

トップに戻る