2010年6月10日

各位

フリービット株式会社

自分のPCを無料で“丸ごと”クラウド化!Windows用「ServersMan@Desktop 1.0β」を本日より無料提供開始!
〜自宅の接続回線/PCリソースを有効利用する、個人向け仮想データセンターサービスを提案「Googleデスクトップ検索」とも連携した自分だけのクラウド環境を構築〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット) は、あらゆるものをインターネットから直接アクセス可能な”True” Cloud Storageとして利用可能にするServersManシリーズの新ラインアップとして、Windows用ServersMan「ServersMan@Desktop 1.0β」を本日6月10日よりServersMan公式サイトにおいて無料提供を開始いたしました。

「ServersMan@Desktop 1.0β」は、僅か5分足らずの設定で、しかも無料でご自身のパソコンを“丸ごと”クラウド化することが出来る個人向け仮想データセンターソリューションです。

一般的なクラウドサービスは、ネットワーク上のサーバーに自分の大切なデータをアップロードして「コピー」を作成することでネットワーク上のあらゆる環境からのアクセスを可能にしていますが、ServersMan@Desktopは自分が利用しているパソコン自体をクラウド化するため、データのアップロードやコピーは一切不要で、安心して自分だけのクラウド環境をご利用いただけます。

「ServersMan@Desktop 1.0β」の主な特徴は以下のとおりです。

  1. クラウドストレージサービス
    「ServersMan@Desktop 1.0β」を自宅のパソコンにインストールするだけで、ご自分のパソコンをクラウドストレージとしてご利用いただけます。ブラウザさえあれば、ネットカフェや会社のパソコンなど外出先からでも自宅のServersMan用のデータ保存領域にあるファイルを取り出すことが出来ます。WebDAVにも対応しているのでWindows/Macからアクセスできるだけでなく、iPhone/Xperiaなどのスマートフォンからもシームレスにご利用いただけます。
    現在、ノートパソコンでも数百ギガバイトのハードディスクを搭載していることが一般的であることから、既存のクラウドサービスで利用できるストレージ容量と比較しても圧倒的なスペックとなります。
  2. 自分のPCが本格的なWebサーバーや共有ディスクに!
    自分のパソコンをWebサーバーとしてご利用いただけます(注1)。例えばSOHOなどでお使いのホームページ(HP)や、写真や動画など容量の大きいコンテンツを公開している個人のHPなど、これまでホスティングやレンタルサーバーサービスを利用していたようなリッチなコンテンツの場合でも、自分のパソコンのHDDの一部をServersManによってWebサーバー化し、インターネットへ公開できます。操作は簡単で、公開領域の「public_html」フォルダにファイルを保存し、設定画面で公開を選択するだけです。
    HPの維持費用がかからないだけでなく、手元のパソコンにあるファイルをそのまま公開することが出来るため、アップロードの手間などもなく、管理が簡単になります。

    将来的には子会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)からご提供しております「UbicName(注2)」との連携により、お客様のご希望のドメインをご利用いただけるサービスの提供なども検討してまいります。
  3. 「public_html」フォルダを共有ディスクとして利用
    公開領域の「public_html」フォルダへのアクセスを制限できます。IDとパスワードの設定で、限られた人とのみデータのやりとりをすることができますので、共有ディスクとしてご利用いただけます。
  4. 外出先等どこからでも自分自身のクラウド環境にアクセス!「Googleデスクトップ検索」との連携で、自宅のパソコン内のファイルやメールデータを簡単に検索可能!
    Googleが無償で提供している「Googleデスクトップ検索」との連携によって、パソコン内のファイルやメールデータも、リモート環境からブラウザ経由で瞬時に検索し、アクセスすることが出来ます(注1)
    ※ Windows デスクトップ サーチにも近日対応予定です
  5. ServersMan同士が連携するグルーピング機能「Scooop」にも対応!
    ServersManは、ServersManがインストールされた機器同士がいつでもどこでも連携しあう世界を実現しています。「Scooop」は、iPhone、Android、Windwows、そしてiモード用に提供されており、携帯電話で撮影した写真を即座に、ServersMan@Desktopがインストールされたパソコンに保存することが出来ます。また、話題のEye-Fiにも対応していますので、Eye-Fiを利用した一眼レフなどから直接写真を保存することも可能です。
    「ServersMan@Desktop 1.0β」では、まずはAndroid携帯端末からのデータ転送の保存先としてご利用いただけます。

「ServersMan@Desktop 1.0β」の利用方法

ServersMan専用サービスサイトより無料でダウンロード、インストールできます。
サービスサイト:http://www.serversman.com/
※ServersManをご利用いただく際にはメールアドレスが必要となります。

○動作環境
WindowsXP、WindowsVista、Windows7

その他、ServersMan関連サイト

YouTube(R): http://www.youtube.com/serversman
Twitter(R): http://twitter.com/serversman

注1
初期設定では公開機能はオフとなっています。設定画面でオン、オフの切り替えが可能です。
注2
UbicNameについての詳細はhttp://dream.jp/ubiquitous/ubicname/をご覧ください。
※DTIのご契約者以外の方は、「Ubic プラン(接続サービスをお申し込みいただかないメールアドレスサービス)」をお申し込みいただくことで、DTIが提供するさまざまなユビキタスサービスを、僅か月額210円から体感いただくことが出来ます。



ServersMan@Desktop 1.0β各機能の特徴

1.Desktop検索画面とリモートアクセス利用イメージ

URL:http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20100610/Desktop_image.jpg

3.グルーピング機能「Scooop」

URL:http://www.freebit.com/prOlderImage/press/images/20100610/Desktop_Scooop.jpg

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

報道関係者からのお問い合わせ

フリービット株式会社グループ経営企画室広報グループ/中村 みく、小椋 千晶
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

※ServersManはフリービット株式会社の登録商標です。
※iPhoneは、Apple Inc.の商標です。
※Xperiaは、Sony Ericsson Mobile Communications ABの商標または登録商標です。
※「iモード」はNTTドコモの登録商標です。
※Windowsは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※「Eye-Fi」はアイファイジャパン株式会社の登録商標です。
※Android、Google Desktopは、Google Incの商標または登録商標です。
※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に伴う平成23年4月期の業績への影響につきましては、
現時点では軽微であると考えております。

トップに戻る