2011年9月13日

各位

フリービット株式会社

中国最大規模のデジタルコンシューマー機器メーカーであるaigoが中国発のクラウドサービス『aigo cloud』を発表
~日本総代理店のエグゼモードが『aigo cloud』対応プロダクトを日本でも拡販~

中国最大規模のデジタルコンシューマー機器メーカーである爱国者数码科技有限公司(Aigo Information Digital Technology Co., Ltd、本社:中国北京市、代表:馮軍、以下「aigo」)が、中国発のクラウドサービスである『aigo cloud』を発表いたしました。
これを受け、フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下「フリービット」)の子会社で、aigoの日本総代理権を持つエグゼモード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小沼卓見、以下「エグゼモード」)は、aigoが開発する『aigo cloud』対応のデジタル機器やモバイル機器を、日本でも提供する準備に入りましたのでお知らせいたします。

『aigo cloud』は、Smart Cloudが昨年より提供を開始している、次世代のIPv6仮想化技術を利用したM2M技術に加え、中国の回線クオリティや3G回線の利用コスト等を考慮し、巨大なクラウドセンターストレージシステムを介して機器同士が通信を行うことで、オフライン環境においても利用が可能な設計となっています。

aigo機器の利用ユーザーには大規模なクラウドストレージ領域が無料で提供されるとともに、ユーザーがネットワークに繋がっていることを意識することなしに、自分の機器同士や友人の機器とがリアルタイムに同期/バックアップ/交換を行うことができます。
例えば、これからaigoがリリースする予定の対応プロダクトを利用すれば、スマートフォンやpad端末のようなモバイル機器だけにとどまらず、フォトフレームやデジタルカメラのような様々なデジタル機器が、ユーザー自らが操作することなくリアルタイムに『aigo cloud』に同期し、データの共有やバックアップ、データの交換が可能になるだけではなく、その機器同士が自動的かつリアルタイムに繋がりますので、オフラインでもクラウドのメリットを受けることができます。

  • Windows/Mac/iPhone/Android/Linuxをサポートする広範囲なカバレッジと、パートナー企業に対しても積極的に技術提供、開発APIを公開するオープンな環境
  • 中国国内に開設した巨大センターストレージシステムに裏打ちされる卓越したコストパフォーマンス
  • センターストレージを利用したクラウドを介する連携に止まらない、次世代のIPv6仮想化技術によるM2Mの実現
  • 中国国内の100を超える直営店と3,000の販売店による販売網とブランド力を駆使した強力な販売体制
  • 中国サービスで重視される「共有」機能に応えるための、有力ソーシャルネットワークサービスとの強力な連携(連携先は後日発表される予定)
  • 『aigo cloud』のコンピューティングパワーよって実現する、購入後の機能追加サービス(アプリ追加ではなく、機能自体を後から追加)
  • aigoより今後リリースされるデジタル機器やスマートフォン、pad端末といったモバイル機器のほとんどにネットワーク機能が標準搭載されることによる『aigo cloud』対応のプロダクトラインナップの拡充 (aigoは、中国国内において、デジタルフォトフレーム、モバイルストレージ、モバイルミュージックプレイヤー領域でトップシェアを誇ります)

aigo代表:馮軍氏のコメント

インターネットの世界は、PCが主導した時代からモバイルインターネットの時代になってきた中で、中国は、BaiduやSina Weiboなど、中国・中国国民に適応したインターネットサービスを次々と生み出してきました。

そして、これからはIPv6によるCloud/Ubiquitousの時代になっていきます。aigoは、この時代に対応できるHardとsoftを揃えた世界最大の企業のうちの1社であり、『aigo cloud』はこの時代に対応し中国・中国国民に適応したクラウドサービスとして強力に推進していきます。


なお、『aigo cloud』の発表に伴い、aigoの日本総代理権を持つフリービットの子会社であるエグゼモード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小沼卓見、以下「エグゼモード」)は、aigoの開発したネットワーク対応のデジタル機器やモバイル機器を、日本でも提供する準備に入りました。
エグゼモードによるaigoのネットワーク対応デジタル機器やモバイル機器の販売時期につきましては、詳細が決まり次第、お知らせいたします。

以上

■フリービット
http://www.freebit.com/

■エグゼモード(aigo製品紹介)
http://jp.aigo.com/

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

【報道関係者からのお問い合わせ】

フリービット株式会社CEO室PR・IRグループ
Mail: Press@FreeBit.Net  電話番号:03-5459-0522

※Windowsは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。また、Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
※Mac、iPhoneは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。また、iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※Linuxは、Linus Torvaldsの登録商標です。
※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

尚、本件に伴う平成24年4月期の業績への影響につきましては、
現時点では軽微であると考えております。
業績への影響が見込まれる場合は、速やかに公表いたします。

トップに戻る