2003年4月25日

報道関係者 各位

フリービット株式会社

フリービット、「Feel6Farm」に新コンテンツ追加
〜遠隔からの自分のPCへのアクセスやリアルタイムなメール着信可能に〜

インターネットビジネス支援事業を行っているフリービット株式会社 (東京都渋谷区、代表取締役社長最高経営責任者石田宏樹、以下「フリービット」)は、独自開発を進めている、IPv4ネットワークを利用したIPv6化を実現する技術群「Feel6 Technology」の実証実験「Feel6Farm」(3月5日〜7月末日迄実施)にて、登録ユーザー向けに提供しているコンテンツに、4月25日より2つの新コンテンツを追加します。
これにより「Feel6Farm」登録ユーザーは、次世代のインターネットプロトコルIPv6世界観の特徴の一つである「インターネット上から機器を特定したアクセス」を利用してより具体的なユビキタス環境を実感することが可能となります。
なお、本コンテンツは実証実験の一環である評価版となっています。IPv6時代のアプリケーション像を検討していくために、広くユーザーから意見を集 めたいと考えております。

・Feel6Farmホームページ
http://start.feel6.jp/

コンテンツ概要

(1)『リモートアクセス』
ユーザーが現在いる所とは別の場所にある、インターネットに接続されている自分のパソコンにアクセスできる機能です。ユーザーは自分のパソコン上で動作しているクライアントソフトウェア「BitBasket6」で既に受信したメールをネットワーク上の他のパソコンから閲覧(リモートメール機能)したり、自分のパソコン内にあるデータファイルの取得(リモートディスク機能)をすることができます。
例えば、自宅のパソコンに学校やインターネットカフェにあるパソコンからアクセスして、すでに受信したメールを読んだり、写真などの画像ファイルをダウンロードして見るなどといった利用方法が考えられます。

(2)『メールのPush配信』
通常は、メール受信の際、定期ポーリング(ユーザー側のパソコンがサーバーにアクセスして、一定間隔で新着メールの有無を確認する作業)をしていますが、新たに追加されたメールのPush配信により、新着メールが届いたと同時にLRE(Live Reach Engine)サーバーが通知を「BitBasket6」に配信します。これによりリアルタイム性の高さとともに、メールサーバーの負荷もかなり軽減(新着メールのある時のみメールサーバーにアクセスするため)することが可能となります。

今後の予定

コンテンツ『リモートアクセス』をもっと便利に、安心してご利用いただけるよう、以下の機能を追加していく予定となっております。

・外出先のパソコンから自分のパソコンへのファイル転送機能
・外出先からのリモート操作によるメール送信機能など
・転送するファイルのデータ暗号化

  • フリービット株式会社概要
    フリービットは、全国で130社を超えるISP事業者に対してインフラ提供を実施する他、各種インターネットビジネスにおけるコンサルティングや開発を受託するなど、インターネットビジネス全般の支援を行っております。
    http://www.FreeBit.Com/
  • 本件に関してのお問い合わせ先
    フリービット株式会社広報担当
    Mail:press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0914(直通)

以上

トップに戻る