2003年6月2日

報道関係者 各位

フリービット株式会社

日本初!MacユーザーがIPv6の世界を体験できます
〜「Feel6Farm」、IPv6接続ソフトウェア「BitBasket6」Mac版にて

インターネットビジネス支援事業を行っているフリービット株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長最高経営責任者石田宏樹、以下「フリービット」)は、本日6月2日、独自開発を進めているIPv4ネットワークを利用したIP v6化を実現する技術群「Feel6Technology」の実証実験「Feel6Farm」(3月5日〜7月末日迄実施予定)で、Macintosh(以下「Mac」)を使用している一般ユーザーを対象に、IPv6接続ソフトウェア「BitBasket6」Mac版を発表致しました。
これまで、日本の様々な企業や自治体が行っているIPv6実証実験では、実質的にWindowsユーザーのみを対象にしておりましたが、「Feel6Farm」では、日本で初めてMacユーザーが簡単にIPv6の世界を体験できるようになりました。(当社独自調査による)
*なお、本ソフトウェアは、実証実験の一環であり、体験版となっています。IPv6時代のアプリケーション像を検討していくために、広くユーザーから意見を集めたいと考えております。

詳細

1.IPv6接続ソフトウェア「BitBasket6」Mac版について

【簡単接続機能】
「BitBasket6」で接続しているパソコンに対して、外出先の様々なPCのブラウザ(ウェブ閲覧ソフト)からアクセスしてファイルが受信できる機能です。外出時に自宅のパソコンのファイルを利用したいときなどに便利です。
【リモートディスク(PC遠隔操作によるファイルの受信)機能】
「BitBasket6」で接続しているパソコンに対して、外出先の様々なPCのブラウザ(ウェブ閲覧ソフト)からアクセスしてファイルが受信できる機能です。外出時に自宅のパソコンのファイルを利用したいときなどに便利です。
【新着メール、ニュースのプッシュ配信(着信通知)機能】
新着メールやニュースが届いたと同時に「BitBasket6」に着信をお知らせします。一般的なソフトウェアは、PCから定期ポーリング(サーバーへ一定時間おきにアクセスして、新着メールまたはニュースの有無を確認する作業)を行っていますが、プッシュ配信システムでは、新着メール等が届くとサーバーから「BitBasket6」に対してリアルタイムで着信が通知されるため、余計なサーバーへの負荷が発生いたしません。
※なお、「BitBasket6」Mac版はメールの送受信機能やウェブ閲覧機能は搭載しておりません。

注1: メールの送受信は、ウェブメール(ブラウザを利用したメール送信)で行うことができます。
注2: ウェブの閲覧は、閲覧ソフトウェア「Mozilla(Ver1.3以上)」をダウンロードする事により可能となります。

今後のバージョンアップでは、送受信データの高セキュリティ化や、遠隔のPCから自宅にあるPCへのファイル送信を追加するなど、Windows版と同等の利便性を追求していきます。

 

関連資料

Feel6Farmホームページ(http://start.feel6.jp/

  • フリービット株式会社概要
    フリービットは、全国で130社を超えるISP事業者に対してインフラ提供を実施する他、各種インターネットビジネスにおけるコンサルティングや開発を受託するなど、インターネットビジネス全般の支援を行っております。
    http://www.FreeBit.Com/
  • 本件に関してのお問い合わせ先
    フリービット株式会社広報担当
    Mail:Press@freebit.net電話番号:03-5459-0914(直通)
トップに戻る