2003年9月30日

報道関係者 各位

フリービット株式会社

日本初!Safariを組み込んだIPv6統合アプリケーションを実現
〜「Feel6 Farm」、IPv6接続ソフトウェア「BitBasket6」Mac版にSafariのブラウザエンジンを搭載しIPv6コンテンツへアクセス可能に〜

インターネットビジネス支援事業を行っているフリービット株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長最高経営責任者石田宏樹、以下「フリービット」)は、本日9月30日、独自開発を進めているIPv4ネットワークを利用したIPv6化を実現する技術群「Feel6 Technology」の実証実験「Feel6 Farm」で、Macintosh(以下「Mac」)版ソフトウェア「BitBasket6」の新バージョンを発表致しました。

これまでの「BitBasket6」Mac版では、IPv6コンテンツにアクセスするためには、「Mozilla」等の外部ブラウザを使用することが前提となっておりましたが、このたび、2003年6月に登場したブラウザエンジン「WebKit」(*)を採用し、さらにフリービットが独自にIPv6対応を行いました。これにより、「BitBasket6」Mac版だけで、他のアプリケーションを必要とせずに、Macユーザーが、IPv6のコンテンツにアクセスすることができるようになりました。

(*)「WebKit」 は、Mac OS Xの標準Webブラウザ「Safari」に搭載されています。

フリービットでは、IPv6に関して「BitBasket6」Mac版での統合ソフトウェア化が実現したことで、既に実現しているWindows版と両方を保有したことになります。

なお、「BitBasket6」Mac版は、実証実験の一環である評価版となっています。IPv6時代のアプリケーション像を検討していくために、広くユーザーから意見を集めたいと考えております。

補足

1.「BitBasket6」Mac版とMac OS Xの標準Webブラウザ「Safari」との違いについて
Mac OS Xの標準Webブラウザ「Safari」ではアクセスするWebサーバーがIPv6とIPv4の両方に対応していた場合、速度を優先するためにIPv4を利用して接続を行います。したがってIPv6とIPv4の両方に対応したホームページでは、IPv6コンテンツを利用することができません。
しかし「BitBasket6」Mac版では、フリービット独自の技術を使うことで、単体でIPv6コンテンツを利用することが出来るようになりました。
2.「BitBasket6」Mac版ホームページ
http://start.feel6.jp/bb/#mac
(参考)
日本初!MacユーザーがIPv6の世界を体験できます〜「Feel6 Farm」、IPv6接続ソフトウェア「BitBasket6」Mac版にて(2003年6月2日)
http://www.freebit.com/press/pr2003/20030602_2.html
  • フリービット株式会社概要
    フリービットは、全国で180社を超えるISP事業者に対してインフラ提供を実施する他、各種インターネットビジネスにおけるコンサルティングや開発を受託するなど、インターネットビジネス全般の支援を行っております。
    http://www.FreeBit.Com/
  • 本件に関してのお問い合わせ先
    フリービット株式会社広報担当
    Mail:Press@freebit.net電話番号:03-5459-0914(直通)
トップに戻る