2006年6月5日

報道関係者 各位

フリービット株式会社

フリービット、“事前インストール不要のWeb電話”「Click to Live」を試験提供開始
〜Emotion Link Active Node / IPv6 SIP テクノロジーによって実現〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、Webサイト上のボタンを1クリックするだけで 「フリービットIPビジネスホン」環境に対して通話可能な、事前インストール不要のWeb電話「Click to Live」の試験提供を開始いたします。

「Click to Live」はWebサイトアクセス時に、約1.1MBという小さな容量のクライアントソフトウェアがActiveXにより自動的にインストールされるために、利用者は事前のインストール作業、環境設定などを必要とせずに、“今すぐ”1クリックするだけで、目的の相手とWebから通話することが出来る、次世代の音声コミュニケーションサービスです。「Emotion Link」を利用しているために、どのようなネットワーク環境からもその違いを意識せずに通話することが出来、通話データは暗号化された経路によって守られています。

当システムによって、導入企業においては以下のメリットを享受いただけます。

  • Webマーケティングとテレマーケティングの融合による、マーケティング効率の向上
  • Webによるシステムと、コールセンターインフラのシームレスな融合
  • 問い合わせ通話料金(フリーダイヤルなど)の無料化
  • コンピューターに不慣れなユーザーとの音声コミュニケーション
通信に必要な中継サーバはフリービットによって管理、ASP形式にてご提供させていただくために、利用規模に応じた低コスト、かつ短期間での導入が可能です。7月より「Click to Liveおためしパック」販売を開始し、10月からの本サービス提供開始を予定しております。

なお、「Click to Live」はフリービットが開発した「Emotion Link Active Node」を搭載した初の製品です。

「おためしパック」について

サービス内容
  • 「Click to Live」クライアントからIP電話機への発信、音声通話(同時4接続まで)
  • 「Click to Live」設置に関するページ作成
  • 必要機材の貸出(VoIPゲートウェイ1台、IP電話機4台)
動作環境 ユーザー側 企業側
  • Internet Explorer 6.0以上
  • Windows XP SP2
  • Bフレッツ回線
利用料金 50万円(初期設定、1ヶ月間運用、機材貸出を含む)

「Click to Live」画面イメージ
「Click to Live」画面イメージ

「Emotion Link Active Node」について

「Emotion Link Active Node」は、フリービットが提唱する「Emotion Link Ubiquitous Architecture」※1に対応した、Over-Lay Internetプラットフォーム※2「Emotion Link」の新しいラインナップです。
従来の「Emotion Link」ではドライバの作成が必要であったことから、インストールの不自由さや、利用環境の制限があったのに対し、アプリケーション自体に「Emotion Link」環境を「内包」させることで、利便性と汎用性を高めています。これによって独自のIPアドレス(ELアドレス)をネットワークデバイスのみならず、アプリケーションに直接割り当てることが可能となり、アプリケーションをインターネットの「自律ノード化」※3することを実現した全く新しいソリューションです。IPv4アドレスだけでなく、IPv6アドレスを直接アプリケーションに付与することも可能となり、IPv6プロトコルスタックがインストールされている、されていないにかかわらず、「Emotion Link Active Node」を搭載したアプリケーションは、IPv6通信を行うことが出来る画期的なソリューションです。

このたび提供を開始する「Click to Live」では、IPv6を利用したアドレッシングを行い、世界初のIPv6による一般法人向けIP Centrexサービスである「フリービットIPビジネスホン」環境との通信を行うことが出来ます。(お客様がご利用のコンピューターにIPv6プロトコルスタックがインストールされている必要はありません)。「Emotion Link Active Node」では、「Click to Live」の他、さらにフレキシブルなVPNソリューションとして、今後様々なアプリケーションへの展開を予定しております。

※1 「Emotion Link Ubiquitous Architecture」
Emotion Link」のコアラインナップ、提供方法、クライアント形態を組み合わせることで、あらゆるニーズに対応するアーキテクチャー。
※2 「Over-Lay Internetプラットフォーム」
既存のインターネットの仕組みの上に仮想的なネットワークを架設し、より自由で安全な通信を実現する仕組み。
※3 「自律ノード化」
膨大なネットワーク空間で固体認識が出来、様々な機器からのアクセスを処理することが出来るようになること。

フリービット株式会社について

国内約170のインターネット・サービス・プロバイダーに対するネットワークインフラの提供を中心に、デジタル家電をはじめとした様々な機器のネットワーク化などのソリューションサービス、IPv6技術を利用した最先端のIP電話サービスなど、インターネットビジネス支援事業を行っております。
http://www.FreeBit.Com/

報道関係者からのお問い合わせ
フリービット株式会社広報担当/中村
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0914

以上

トップに戻る