2007年8月15日

各位

フリービット株式会社

世界初!ソフトをインストールするだけでSmart Phone をIPv6 対応に
〜フリービット、Windows Mobile®に対応したEmotion Link を開発。携帯電話と家電、PCをあらゆるアプリケーションで繋ぐネットワークが完成〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、同社のOverLay Internet プラットフォームであるEmotion Link のWindows Mobile版、「Emotion Link Active Node for Smart Phone」テクニカルプレビュー版を開発いたしました。

上記アプリケーションの特徴は以下の通りです。

  • 急速に世界中で普及しつつあるWindows MobileをOS とする高機能携帯電話Smart Phone にアプリケーションをインストールするだけで、複雑な設定なしに、直接Smart Phone とPC、家電、ネットワーク対応機器、特定ネットワーク間のVPN(仮想プライベートネットワーク)へ対応させることが出来ます。
  • インターネットプロトコルIPv4/IPv6 に対応し、IPv4ではプライベート/グローバルアドレスを、IPv6 ではグローバルアドレスをSmart Phone に割り当てることが可能です。
  • Emotion Link Active Nodeテクノロジーによって、Smart Phoneに署名済のドライバをインストールする必要がありません。アプリケーションをインストールするだけで、利用可能になります。
  • Proxyの設定ができるアプリケーションであれば、既存アプリケーションも改変なしにVPNに対応させることができます。
    (IPv6 対応は、Emotion Link Active Node for Smart Phone をアプリケーションに組み込むか、Emotion Link Active Node に付属するIPv4-IPv6 Proxy を利用する必要があります。)
  • Emotion Linkによって通信経路が暗号化されるので、高いセキュリティが実現されています。

「Emotion Link Active Node for Smart Phone」を利用して、下記のような事例が想定されます。

  • VoIP(IP電話)/メッセンジャーソフト
    Smart Phone で動作するVoIP(IP 電話)/メッセンジャーソフトをセキュアな環境とし、VoIP機能を使い無料内線通話とテキストチャットを実現します。
  • リモートデスクトップ等を利用したThin Client 環境
    Smart Phone からオフィスや家庭のPC 画面を呼び出すことができます。
  • VPNを利用した、オフィスネットワーク/業務ネットワークとの接続
    ノートパソコンなしに、Smart Phoneを利用した業務設計が可能になります。

等。

現在、高機能携帯電話(Smart Phone)市場は、国内のみならず世界的に急速に拡大しつつあります。(調査会社Canalys の調査によると世界のSmart Phone 市場全体は2006 年度に30%拡大)
国内のSmart Phone 市場では、Windows Mobileをオペレーションシステムに採用した機種が多くリリースされており、株式会社ウィルコムのW-ZERO3シリーズを始め、株式会社エヌ・ティ・ティドコモ(hTcZ)、ソフトバンク株式会社(Xシリーズ)などの主要Smart Phone、さらにはイー・モバイル株式会社の情報端末であるEM・ONE などもWindows Mobileを採用しており、Windows Mobile OS は国内Smart Phone 市場のスタンダードな環境となっています。

フリービットでは、今後普及が見込まれるWindows Mobile環境にいち早く対応することで、Smart Phone、PC、家電などをシームレスに繋ぎ、ブラウザに縛られない安全かつ自由なネットワークを構築することを実現いたしました。
また、Smart PhoneでのIPv6対応は、インターネットの今後の普及にとって重要な第一歩であると考えています。
43億個しかないIPv4 アドレスの世界的な枯渇問題は深刻化しつつあり、最近の報道では今後4 年間でIPアドレスの不足が顕在化するといわれています。今後最も多くのIP アドレスを消費することが想定される携帯電話/Smart Phoneに対して、OverLay Internet 技術(Emotion Link)によって既存のネットワーク環境/機器に一切手を加えずに、アプリケーションをインストールするだけでIPv6 アドレスを割り当てることを可能にした今回のアプローチは、この問題に対してのフリービットからの回答の一つと位置づけています。
「Emoiton Link Active Node for Smart Phone」は、現在テクニカルプレビュー版となっており、これらのテクノロジーを採用してのサービス開発やVPN利用を希望される企業様を対象にサンプルキットをご提供してまいります。
また、フリービット中期経営計画であるSiLK VISION 2010 で発表させていただいた新世代ISPを構築していく「ユビキタス HUB」構想に基づいて、フリービット自身でも商品開発を行っており、自社ISP、提携ISP を経由して直接ユーザーの皆様に全く新しいユビキタスアプリケーションをご提供してまいります。

尚、Emotion Link Active Nodeテクノロジーは、2007年5月23日に発表された楽天株式会社の楽天メッセンジャー(Windows2000/XP)にも採用されており、本件の対応OS は異なりますが、同様の技術となっております。

【補足資料】

■「Emotion Link」について
既存のTCP/IPネットワーク上に仮想的なネットワークをセキュアに構築する事により、NATやファイヤウォールを越えて、自由かつ安全な通信を実現する技術です。物理的なネットワークに依存しない通信が可能となる為、フレキシブルなソフトウェアVPNの構築や、情報家電等のネットワーク機器のセキュアなリモートコントロール等、応用範囲は多岐に渡ります。

■「Emotion Link Active Node」について
「Emotion Link Active Node」は、OverLay Internetプラットフォーム(注1)「Emotion Link」のライ ンナップの一つです。
アプリケーション自体に「Emotion Link」環境を内包させることで、利便性と汎用性を高めています。これによって独自のIPアドレス(ELアドレス)をネットワークデバイスのみならず、アプリケーションに直接割り当てることが可能となり、アプリケーションをインターネットの 「自律ノード化」(注2)することを実現した全く新しいソリューションです。

(注1)OverLay Internetプラットフォーム
既存のインターネットの仕組みの上に仮想的なネットワークを架設し、より自由で安全な通信を実現する仕組み。

(注2)自律ノード化
膨大なネットワーク空間で個体認識が出来、様々な機器からのアクセスを処理することが出来るようになること。

以上

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力により、お客様のビジネスを強力に推進する「インターネットビジネス支援事業」を行っております。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない画期的なネットワークサービスを展開。「IT時代のものづくり」に取り組み、継続的に新たな価値の創造に努めております。

■ブロードバンド化事業
インターネット接続事業者へのネットワークインフラを提供し、提供社数ベースでは国内トップシェアを誇ります。
■ユビキタス化事業
ユビキタスネットワーク関連市場において、フリービットではあらゆる機器、アプリケーション間でダイレクトかつ安全・安心な通信環境を実現する独自技術「Emotion Link」をベースに、様々なユビキタスネットワークサービスの開発・提供を推進しております。

弊社HP:http://www.FreeBit.com/

報道関係者からのお問い合わせ
フリービット株式会社広報担当/中村
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

※Microsoft、Windows及びそのロゴマークは、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。

本件に伴う平成20年4月期の業績への影響につきましては、現時点では軽微であると考えております

トップに戻る