2008年1月30日

各位

フリービット株式会社

フリービット、MCSから承継するテレコミュニケーション事業に関わる包括的業務提携に向けNECと検討を開始

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石田宏樹、以下フリービット)は、本日開催の取締役会において、平成20年2月29日を効力発生日として、メディア・クルーズ・ソリューション株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:五郎丸 聡司以下MCS)のテレコミュニケーション事業(以下 対象事業)に関する権利義務を事業譲渡により承継する契約を締結することを決定しております。
(詳細は本日発表の開示資料「メディア・クルーズ・ソリューション株式会社の事業一部譲受けに関するお知らせ」をご覧ください。)

これに伴いフリービットは、従来からMCSと対象事業で協力関係にあった日本電気株式会社(本社:東京都港区 代表取締役執行役員社長:矢野 薫 東証一部:6701、以下 NEC)と、対象事業に関わる包括的業務提携に向けて検討を開始することを本日合意いたしました。

対象事業におけるIP電話サービスプラットフォームは、これまで実現困難とされたIP電話での緊急通報や、着信課金、相互接続、データ系プラットフォームを含み、国内多数の通信事業者に採用されております。


NECとの検討内容は以下の通りです。

  1. 対象事業に関わる営業チャネルに関する検討
  2. 対象事業に関わる新規開発やカスタマイズに関する検討
  3. 対象事業を含めた通信事業者向けビジネスの維持発展に向けた協力関係構築に関する検討

フリービットは、中期経営計画「SiLK VISION 2010 Ver.2.0」において、ユビキタス化事業の重点領域の1つにメッセージング分野を掲げており、本件は、これに基づく取り組みの1つとなります。

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力により、お客様のビジネスを強力に推進する「インターネットビジネス支援事業」を行っております。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない画期的なネットワークサービスを展開。「IT時代のものづくり」に取り組み、継続的に新たな価値の創造に努めております。

■ユビキタス化事業
ユビキタスネットワーク関連市場において、フリービットではあらゆる機器、アプリケーション間でダイレクトかつ安全・安心な通信環境を実現する独自技術「Emotion Link」をベースに、様々なユビキタスネットワークサービスの開発・提供を推進しております。
■SiLK VISION 2010 Ver.2.0
フリービットが2007/12/10に発表した2008年4月期〜2010年4月期中期経営計画を示します。
http://www.freebit.com/ir/pdf/2007-12-10_01.pdf

弊社HP:http://www.FreeBit.Com/

報道関係者からのお問い合わせ
フリービット株式会社広報担当/中村
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

本件に伴う平成20年4月期の連結及び単体業績に与える影響は、
精査しており、確定次第発表いたします

トップに戻る