2008年3月10日

各位

フリービット株式会社

フリービット、IPv6 & マッシュアップに対応したユビキタス環境 「SemantiqNodeAPISDK(開発環境)」を開発
〜個人による大容量動画サービスや、家電コントロールサービスの開発が容易に〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)は、「Dream SemantiqNode」向け開発環境「SemantiqNode API SDK」を開発いたしました。
「SemantiqNode API SDK」は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(以下DTI)の既存付加価値サービスの1つである「Dream SemantiqNode」サービスより3月中に提供を開始する予定です。
また、「SemantiqNode API SDK」は、フリービットが推進する様々なデジタル機器のネットワーク上での中継地(HUB)を提供するという「ユビキタスハブ構想」に、様々な開発者の皆様に参加いただこうという極めて戦略的なプロダクトとなっております。

この「SemantiqNode API SDK」の特徴は、

PC内の各種リソースに対して、標準的なhttp形式で機器へアクセスできるようになる

ことにあります。

APIからは、XMLやJavaScriptで扱いやすいJSON,JSONPといった形式でレスポンスを取得できるため、非常にシンプルに各種マッシュアップサービスを構築することが可能です。



「SemantiqNode API SDK」は、当初はまず以下4つの機能から提供を開始する予定でおります。

  • 認証
    「Dream SemantiqNode」サービスのアプリケーションをインストールしているPCの、プライベートエリアへの安全・安心なアクセスを許可するための認証方法を提供します。
  • ファイル一覧取得
    公開設定しているディレクトリを指定し、ディレクトリに含まれているファイル一覧を取得します。
  • ファイル取得
    一覧で取得したファイルに対して、GET形式でダウンロードするための方法を提供します。
  • デスクトップ検索
    GoogleデスクトップAPIと連携し、デスクトップ内を検索するための方法を提供します。

また、今回は同時に開発者が様々な機能をSemantiqNodeアーキテクチャー自体に追加できるように、「プラグイン」アーキテクチャーを実装し、その第一弾として「Webカメラプラグイン」をリリースいたしました。
このプラグインをインストールすると、外出先からブラウザを使用してアクセスすることで、PCに接続したWebカメラの画像を取得することができます。これらの画像についてもGET形式でアクセス出来るため、APIと組み合わせて様々なサービスの開発が行なえます。
これらプラグインのアーキテクチャに関しましては、準備が整い次第、開発者向けSDKとして公開してまいります。


SemantiqNode APIプラグイン×サーバー構成図


尚、現在DTIの「DreamHUB」サービスでは、検索サービスである「MySearch」やリモートディスクサービス「MyStorage」にて、公開予定のAPIを実際に利用しております。 この「DreamHUB」サービスをご利用いただくことにより、SemantiqNode APIの手軽さや様々な可能性を実感していただけると存じます。
「DreamHUB」とは: http://dream.jp/about.html


さらに、今回サンプルと致しまして、以下のマッシュアップもご用意致しております。

  • 「SemantiqNode API SDK」×Googleスクリーンセーバー
    「Dream SemantiqNode」をインストールしているPC上に保存した画像ファイルをRSS形式で表示し、Googleスクリーンセーバーで利用する。
  • 「SemantiqNode API SDK」×「MyStorage」
    公開フォルダの動画を「MyStorage」に一覧表示する。

これらはAPIを使ったほんの一例であり、API公開によりサードパーティのデベロッパーの皆様も独自のサービスを構築することが可能になります。
DTIにて提供している「Dream SemantiqNode」サービスは、「Ubicプラン」を含む全DTIユーザーが無料でご利用いただけます。また、接続が付属していない「Ubicプラン」は現在3ヶ月無料でお試しいただけますので、この機会にご入会頂き、ユビキタスな世界を体感ください。


補足資料

■マッシュアップ
Web上に提供されている情報やサービスなどを組み合わせて、新しいソフトウェアやサービス、データベースなどを作ること。

■SDK(Software Development Kit)
あるテクノロジー(プログラミング言語やAPIなど)を利用してソフトウェアを開発する際に必要なツールのセット。

■JSON(JavaScript Object Notation)
JavaScriptから派生した、データ交換を行うためのデータ記述形式の一種。

■JSONP(JavaScript Object Notation with Padding)
JavaScriptから派生した軽量なデータ記述形式であるJSON(JavaScript Object Notation)を用いた関数呼び出しの仕組みのこと。

■サードパーティ(third party)
他社のOSや機器などに対応する製品を作っているメーカーのこと。OSや機器を製造したメーカー自身と対比する形で用いられる。

「Ubicプラン」
フリービットグループが保有するコアコンポーネントAPIを利用した各種ユビキタスサービスをコンシューマー向けに直接提供するDTIのサービス。

「DreamHUB」サービス
あらゆるモノがインターネットにつながるユビキタスインターネットのゲートウェイ。 いつでも、どこからでもインターネットの快適な世界へアクセスする、全く新しいプロバイダーのカタチ「ユビキタスHUB」。その入り口が「DreamHUB」です。

開発者ブログ
DTIより提供する各サービスの魅力や、開発者がテスト的に行う「先行リリースプロダクト」などのご紹介、さらには、SemantiqNodeAPIの技術サポートなどを行っています。

以上

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力により、お客様のビジネスを強力に推進する「インターネットビジネス支援事業」を行っております。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない画期的なネットワークサービスを展開。「IT時代のものづくり」に取り組み、継続的に新たな価値の創造に努めております。

■ブロードバンド化事業
インターネット接続事業者へのネットワークインフラを提供し、提供社数ベースでは国内トップシェアを誇ります。
■ユビキタス化事業
ユビキタスネットワーク関連市場において、フリービットではあらゆる機器、アプリケーション間 でダイレクトかつ安全・安心な通信環境を実現する独自技術「Emotion Link」をベースに、様々なユビキタスネットワークサービスの開発・提供を推進しております。

弊社HP:http://www.FreeBit.Com/

報道関係者からのお問い合わせ
フリービット株式会社広報担当/中村
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

※GoogleはGoogle Inc.の登録商標です。

本件に伴う平成20年4月期の業績への影響につきましては、
現時点では軽微であると考えております。

トップに戻る