2008年4月18日

各位

フリービット株式会社

フリービットグループ、「ユビキタス開発者」に向けた支援プログラムを発表
〜未来のユビキタス社会の開発環境を「今すぐ」利用できる「SemantiqNode API デベロッパプログラム」の提供を開始、DTI Ubicプランを無料で提供〜

フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット)では、子会社である株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(以下DTI)を通じてコンシューマー向けに提供している「Dream SemantiqNode」において、サービス開発者の皆様がSemantiq Nodeの技術を使い、簡単にマッシュアップ形式でIPv6 & 大規模グリッドサービスを構築できる「SemantiqNode API デベロッパプログラム」の提供を開始いたしました。

フリービットグループでは、グループリソースの総力を結集して未来のユビキタス社会の開発環境を「今」、開発者の皆様に無償でご提供し、日本のユビキタス化の下支えを積極的に行ってまいります。「SemantiqNode API デベロッパプログラム」(以下、「SemantiqNode API」)により、従来実際には触れることの難しかったIPv6 環境や機器コントロール環境を、「今すぐ」開発にご利用いただくことができます。

当デベロッパプログラムのメリットは下記のとおりです。

  • 「SemantiqNode API」を利用することにより、自宅のPC をデータセンターに設置されたサーバーと同様に利用することができ、httpの知識だけで簡易にインターネットサービスを構築できます。
  • 「Emotion Link」の仮想化技術により、利用時の自宅の回線やプロバイダの種類は一切問いません。
  • PCに接続しているWebカメラなどの周辺機器も、ネットワークサービスに加えることができます。
    (例:Google MAP上に自宅のWebカメラで撮影しているリアルタイムの画像を加える 等)
  • 開発者登録により、「DTI Ubicプラン」を無料で利用できます。

「SemantiqNode API」を利用してサービスを開発するためには、「DTI Ubicプラン」等のDTIへの加入が必要ですが、当APIを利用して開発されたサービスは、DTIとの契約がなくとも、すべてのインターネット利用ユーザーにご利用いただけます。

本日、開発者向けに公開を行った「SemantiqNode API SDK」(発表は本年3月10日)は、PCの各種リソースに対して「URL形式」でアクセスできることが特徴となっており、Webページを作成できるスキルがあれば、自分のPCを「サーバー」として利用した「フォトサイト」や「動画サイト」などが構築できます(他のサービスとのマッシュアップも可能です)。

また、プラグインを作成することで、PCに接続されたWebカメラやハードディスクなどの「リソース」にURL形式でダイレクトにアクセスできるようになり、弊社社長の石田のブログ(A’s BIT WORKS)でご紹介しているデモ(下記URL)のように、人形の「撮影」や「回転」、「電灯のON/OFF」などを遠隔地からコントロールするといったような、たとえばホームオートメーションのサービスを「マッシュアップ型」で構築することも可能です。

「SemantiqNode API SDKデモ」URL:http://dream.jp/demo/snode/


■「SemantiqNode API Developer Program」の特徴

  • Ubicプランを無料にてご提供(通常は月額210円税込)
    「Ubicプラン」http://dream.jp/ubic/
  • 申し込み方法:Webフォームより
    「申し込みフォーム」https://secure.freebit.net/semantiqnode/
  • 申し込み資格:ソフトウェア開発者
  • 提供条件:
    1.ご提供期間中に、何等かの成果物を公開していただきます。
    2.開発者プログラムでご提供するアカウントは、プラン変更やプラン追加など
    契約や料金に関わる手続きは行えません。


尚、通常の「Ubicプラン」では、プライベートLANサービス「U+link」などのユビキタスサービスも便利に利用いただけます。現在3ヶ月無料でお試しいただけますので、この機会にご入会頂き、ユビキタスな世界を体感してください。

「SemantiqNode API SDK」は、フリービットが推進する様々なデジタル機器のネットワーク上での中継地(HUB)を提供するという「ユビキタスハブ構想」に、様々な開発者の皆様に参加いただこうという極めて戦略的なプロダクトとなっております。


現在提供APIは下記の4種類ですが、順次拡大していく予定です。

  • 認証
    「Dream SemantiqNode」サービスのアプリケーションをインストールしているPCの、プライベートエリアへの安全・安心なアクセスを許可するための認証方法を提供します。
  • ファイル一覧取得
    公開設定をしているディレクトリを指定し、ディレクトリに含まれているファイル一覧を取得します。
  • ファイル取得
    一覧で取得したファイルに対して、GET形式でダウンロードするための方法を提供します。
  • デスクトップ検索
    GoogleデスクトップAPIと連携し、デスクトップ内を検索するための方法を提供します。


詳しくは開発者ブログにてお知らせしていきますので、適宜ご参照ください。

フリービットグループでは、デベロッパの皆様が無料でサービスを利用できる環境を提供し、開発者コミュニティを形成することで、今までに無い全く新しいユビキタスサービスを皆様と一緒に構築していきます。

補足資料

■SDK(Software Development Kit)
あるテクノロジー(プログラミング言語やAPIなど)を利用してソフトウェアを開発する際に必要なツールのセット。

■マッシュアップ
Web上に提供されている情報やサービスなどを組み合わせて、新しいソフトウェアやサービス、データベースなどを作ること。

■grid(グリッド)コンピューティング
ネットワークを介して複数のコンピュータを結ぶことで仮想的に高性能コンピュータをつくり、利用者はそこから必要なだけ処理能力や記憶容量を取り出して使うシステム。

「Ubicプラン」
フリービットグループが保有するコアコンポーネントAPIを利用した各種ユビキタスサービスをコンシューマー向けに直接提供するDTIのサービス。

「DreamHUB」サービス
あらゆるモノがインターネットにつながるユビキタスインターネットのゲートウェイ。
いつでも、どこからでもインターネットの快適な世界へアクセスする、全く新しいプロバイダーのカタチ「ユビキタスHUB」。その入り口が「DreamHUB」です。

開発者ブログ
DTIより提供する各サービスの魅力や、開発者がテスト的に行う「先行リリースプロダクト」などのご紹介、さらには、SemantiqNodeAPIの技術サポートなどを行っています。

以上

フリービット株式会社について

フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力により、お客様のビジネスを強力に推進する「インターネットビジネス支援事業」を行っております。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない画期的なネットワークサービスを展開。「IT時代のものづくり」に取り組み、継続的に新たな価値の創造に努めております。

■ブロードバンド化事業
インターネット接続事業者へのネットワークインフラを提供し、提供社数ベースでは国内トップシェアを誇ります。
■ユビキタス化事業
ユビキタスネットワーク関連市場において、フリービットではあらゆる機器、アプリケーション間 でダイレクトかつ安全・安心な通信環境を実現する独自技術「Emotion Link」をベースに、様々なユビキタスネットワークサービスの開発・提供を推進しております。

弊社HP:http://www.FreeBit.Com/

報道関係者からのお問い合わせ
フリービット株式会社広報担当/中村
Mail: Press@FreeBit.Net電話番号:03-5459-0522

※GoogleはGoogle Inc.の登録商標です。

本件に伴う平成20年4月期及び平成21年4月期の業績への
影響につきましては、現時点では軽微であると考えております。

トップに戻る